FC2ブログ
  • 2020_03
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>
  • 2020_05

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


2-919  ドルフィンブルー フジ、もう一度宙へ 

  1. 2011/01/27(木) 22:30:00_
  2. その他の日本人監督作品
  3. _ comment:0
ドルフィンブルー フジ、もう一度宙へ  2007年・日本



ドルフィンブルー フジ、もう一度宙へ




 
.


2011年1月27日(木)  チャンネルネコ
 
監督  前田哲
主演  松山ケンイチ  (植村獣医役)

感想
松ケンですよ~♪ 
永作博美が出ている、ダメじゃん、違う映画を思い浮かべてしまうよ。
あの子、女の子なんだ~?男の子だとばかり思っていた。
同じノンフィクションでも「旭山~」とは出来が違う、良かった☆ 
獣医とはどこでも大変な苦労のある仕事で・賞

まぁ何というかよくあるかもしれないけど、実際現実にあった事を映画化しているので、
それだけでも感激するし、ブリジストンの宣伝とも思うけど、
今ああして治してもらえる子が増えている事は知っているから、
多少宣伝になってもかまわないと思うし、実際の工程は企業秘密だから、
ああして音楽と説明で誤魔化すのは、やむを得なかったと思った。

あと、例の子だけど、女の子だったんだけど、うまいことカメの放流や、
イルカの傷ついたところ、治ったところ、に合わせて心の変化を映してゆくところ、
陳腐とはいえ、良い演出だった。

東京の彼女が可哀そうかな?
いや、そうでもないな、彼女は彼女なりの人生、仕方ないよね。
傷つかないうちに別れる方が良いし、お互い若いから自分のしたい事をしなくては。

山崎務が〆ている感じもあまりなかったし、何で居るのか?って感じも少しあった。
まあでも細かい事はどうでも良くて、青い空と青い海、可愛いイルカたちと、働く人たち、
見に来る人たち、それなりに良かったかな? 




<<(殿堂入り)  ひまわり  (旧gooブログの記事) | BLOG TOP | 2ー918  恋するシャンソン>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2020 04  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -