FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


2-893  若者のすべて

  1. 2011/01/08(土) 23:30:00_
  2. ルキノ・ヴィスコンテイ
  3. _ comment:0
Rocco e i suoi fratelli   (若者のすべて)  1960年・イタリア



若者のすべて





 

.


2011年1月8日(土)  BSハイビジョン

監督  ルキノ・ヴィスコンティ
主演  アラン・ドロン  (ロッコ役)

感想
今夜は「若者のすべて」見たいけど3時間だもんにゃーどうしようかなー?
でも再見で買っているヴィスコンティたくさんあるから、それらを見るためにも良いかもね???
ヴィスコンティは長いんだよ、全く!

よく見た自分をほめたいで・賞、
珍しくイタリア料理食べてたで・賞、
こんな感じも作っていたんだね・・・ビックリで・賞、
でも当選はこれかな? → この邦題は、駄目で・賞

あ、ハイビジョンが、メッチャキレイだった☆こ
ういう映画のためにハイビジョンは存在するのだと思いました。
たまにダメな映画もオンエアしてるけど、今夜は最高に美しかった♪

この映画は邦題を除くと満点に近い、
ヴィスコンティでも普通の貧しい家庭を描いていたのだなぁ~とビックリ。
「白夜」だけはそれに近かったけど、今まで知っているのは、王侯貴族、
それに準ずる良家等の話が多かったからね。

ドロンはイタリア語も頑張ったんだね?
演技も良かったし、お母さんの悲哀や、兄弟で出来が違う事や、いろんな事、
今の現代の日本人として、自分として、胸を深くえぐるよ。

ひとつずつ、大きなシークエンスのはじまりに「人名」が出て良かった。
最後は末息子で、希望を見出したいと願います。




<<2-894  永(とわ)遠の語らい | BLOG TOP | (1-99)  小さな恋のメロディ  (2回目)  (旧gooブログの記事) >>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2019 12  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -