FC2ブログ
  • 2020_03
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>
  • 2020_05

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


2-1798  ジュリエットからの手紙

  1. 2012/09/02(日) 22:30:00_
  2. ゲイリー・ウィニック
  3. _ comment:10
※この記事は、中途半端に内容に触れていますので、
  未見の方は、お気を付けください。




LETTERS TO JULIET  (ジュリエットからの手紙)  2010年・アメリカ



ジュリエットからの手紙




 
.


2012年9月2日(日)  レンタルDVD

監督 ゲイリー・ウィニック  (ご遺作)
主演 アマンダ・セイフライド  (ソフィー 役) (ベッキー似!!!)

感想
コレは全くのハリウッド映画でしたが、まんまと乗せられ、
「楽しく良い映画」と、良い気持ちで終わりました☆


私が思うハリウッド映画の一番の特徴って、
ラストに向かう色々の中、
最後の最後に「もうこれは絶対にダメ」という事柄があり、
それを乗り越えて(うまくおさまって)
ハッピーエンドになる事・・・だと思うのですが、

この映画もまさにそうでしたね、詳しくは書けませんが
世の中に同じ名前の人は多いってことでしょうか?

物語りの中心をなす「人探し」の途中でも
同姓同名が多かったですね・・・日本人なら鈴木道夫さんとか山田義彦さんとか
そういうお名前なんでしょうか??? (世代的に)


しかしイタリア男ってね~チャラいのが当たり前で
中には本当に「見つからなかったら僕のところへ」だなんて
マジなおっちゃんもいました。
世界一のマザコンで、世界一のチャラ男、それがイタリア人です!
(ほんの冗談ですので、お許しください)

今年の春、ご縁があってイタリアの映画を沢山見ました。(1930~60年代)
ホトンドがイタリア映画でしたが、
なかにはアメリカ製作のイタリアが舞台の映画もありまして、
それらの作品の特徴は「上から目線」ですが、

今現在の製作となると、そういうのは影をひそめて
それでも「これはイタリア人が作っていない」とハッキリわかりますよね~。
イタリアそのものに対する愛情が、あんまり感じられない。
(まぁ言語は両方ちゃんとしていたけど、いざとなると英語で(爆))

春に見たイタリアの映画ではシチリア島が多くて、あとは都市もあったけど
山間部の田舎は、1作品しかなかったと思います。

この映画は、その山間部の田舎を、丁寧に描いて好感でした。
イタリアの田舎は、アメリカの田舎とかフランスの田舎と違って
マジ田舎で、あったかい感じがしました。

さて、結ばれなかった恋人たちは50年経ってお互いが分かるのでしょうか?
私は ひと目で分かる と思います♪
(お互いの配偶者が死んでいるのは、ちょっと都合良過ぎで、気に入らない)
(物語りの性質上、そうするのが良いのかもしれないけど、やっぱ拘ります)

そして、婚約して1年も結婚せず、婚前旅行で別々の行動を取る事の意味を
鑑賞者の方が早く気付くけど、まぁ仕方ないか~。

あまりお互いを知らないくせに、(同じ言語だからというわけでもないでしょうが(爆))
今後付き合う二人の行方は分からないけれども、
明るい未来を信じたくなる終わり方ですね☆

ところで・・・邦題はおかしいですよね?
直訳は、ジュリエット、からの、ではなく、への、手紙、ですよね???
多分あの手紙のことを さして いるのでしょうけど、
コレは全く監督の意を酌み取らない邦題だと思い、私的には残念です。

「ロミオとジュリエット 1968年版」を再見したばかりの私から見ると
ジュリエットなんて、ただの突っ走り少女に(一部伏せます)
手紙を書く女性の多さに・・・本当に驚きました。

監督の早い他界が惜しまれます。
バネッサはさすが、ヒロインも、男優達も皆良かったです!
特にチャーリー役は、マット・デイモンにちょっと似ていて☆☆☆
(なにげに編集長が素敵でした♪)



追伸;後日知ったこと
ロレンツォが、フランコ・ネロだってさ~!!! 驚くなんてもんじゃない!
ヴィクターが、あの「恋愛睡眠のすすめ」の主演者だった、ビックリした~!!!




<<(1-532)  ルパン3世 バビロンの黄金伝説  (2回目) | BLOG TOP | (1-266)  八つ墓村  (2回目)>>

comment

拝見しました!

  1. 2012/09/06(木) 10:33:20 |
  2. URL |
  3. しずく
  4. [ 編集 ]
今日はここに来るまで、朝からがんばってコメントをたくさん書いたので目が疲れちゃいました。

後ほど、日をあらためてうかがいま~すe-351
ごめんなさい・・・

Re: 拝見しました!

  1. 2012/09/06(木) 12:21:32 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
しずくさん、こんにちは☆

> 今日はここに来るまで、朝からがんばってコメントをたくさん書いたので目が疲れちゃいました。
>
> 後ほど、日をあらためてうかがいま~すe-351
> ごめんなさい・・・

ハイ、ご訪問くださり、有難うございます☆
いつでも結構ですので、楽しみにしてお待ちしていま~す♪

  1. 2012/09/06(木) 22:29:08 |
  2. URL |
  3. take51
  4. [ 編集 ]
おぉーー、この映画ですね??
記事を読まずにコメント欄に来ました!!
また見たらお邪魔させて頂きます!!(^^♪

take51さん、おはようございます☆

  1. 2012/09/07(金) 07:39:04 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
コメントを有難うございます☆

> おぉーー、この映画ですね??
> 記事を読まずにコメント欄に来ました!!
> また見たらお邪魔させて頂きます!!(^^♪

そうなんですよ~☆
ハイ是非鑑賞後にいらしてね、待っています☆

ところで昨日は絶食でしたか?
take51さんの方で大っぴらに聞くとマズイと思い、
こちらでうかがっています。

是非、お返事をお待ちしています!
(じょーだんですよ、東京のご馳走にヨダレが出たので意地悪言いました、ごめんチャイ♪)

  1. 2012/09/07(金) 23:44:28 |
  2. URL |
  3. take51
  4. [ 編集 ]
こんばんは!!

>ところで昨日は絶食でしたか?

 はぁ~、昨晩は会議でしたが前に置かれた
 ポテチをひたすらポリポリ・・・

 今日は昼に絶対に食べない、と思ってた
 ラーメンを食べてしまい。。しかも大盛(汗)

 晩はお客さん、お仕入れ先との会食で
 ホンの少しだけ食べ過ぎました。

ダレカタスケテ・・(笑)

take51さん、こんにちは☆

  1. 2012/09/08(土) 09:16:07 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
まったくもお・・・だめなこですね~×××
おしおきだぜいぇいぇいぇ・・・

特効薬はありませんが、
地球のため、食べられない人のため、いえいえ
そんな大層なことでなく、

奥さまの為、お子様方の為、いえいえ
ホントは分かっているでしょ?

そう、自分のためだよ~!!!
まぁあと10年もすれば食べたくても食べられなくなる日も来るけど(爆)。

食べなくてはならないけど
食べ過ぎは気を付けましょうね~♪

頑張れ!!!



> こんばんは!!
>
> >ところで昨日は絶食でしたか?
>
>  はぁ~、昨晩は会議でしたが前に置かれた
>  ポテチをひたすらポリポリ・・・
>
>  今日は昼に絶対に食べない、と思ってた
>  ラーメンを食べてしまい。。しかも大盛(汗)
>
>  晩はお客さん、お仕入れ先との会食で
>  ホンの少しだけ食べ過ぎました。
>
> ダレカタスケテ・・(笑)

おはようございます

  1. 2012/09/19(水) 09:33:57 |
  2. URL |
  3. 宵乃
  4. [ 編集 ]
やっと観られました。前半はクレアと意気投合する様子とか、ガエル君の婚約者そっちのけで人生を謳歌する様子が楽しかったんですが、若い主演二人がまったくわたしの好みから外れていて、恋愛模様も楽しめませんでした。
なんだかんだでガエル君の興味のあるものが彼女の行先にあって、仕事だけでなく彼女と人生を歩む意義というのを見つける展開だと思ってた…。
チャーリーが好意的な態度に変わるのが早すぎる気がして、ほかのチャラ男と同じに見えてしまったんですよ。あの失言のくだりをやるためだろうけど、見え見えで…。
イタリアは女性に出会ったら口説くのが礼儀という国だから、クレアが口説かれるのは楽しめたんですけどね~。
チャーリーがいなければ、クレアの愛とヒロインとの友情メインで楽しめた気がします。
邦題は…単純に翻訳を間違えたんでしょうか?(笑)

今日はモダン・タイムスですね。最初は歌詞がなかったんですか~。これも人気があるからこそかな。穏やかな気持ちになれる曲です。

「ウディ・アレンの夢と犯罪」は本当つまらなかったです。
火サスとかなら省略されるような部分を大真面目に描いちゃってて、面白みなかったですね。両親が可哀想…!
叔父さんは内心ホッとしながら、両親を慰めたりしてそうです…。

宵乃さん、こんにちは☆

  1. 2012/09/19(水) 12:03:53 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
先ほどは有難うございました☆

> やっと観られました。前半はクレアと意気投合する様子とか、ガエル君の婚約者そっちのけで人生を謳歌する様子が楽しかったんですが、若い主演二人がまったくわたしの好みから外れていて、恋愛模様も楽しめませんでした。

私も、楽しくは見られましたが、
あの二人の未来は、ないと思っています(笑)。

> なんだかんだでガエル君の興味のあるものが彼女の行先にあって、仕事だけでなく彼女と人生を歩む意義というのを見つける展開だと思ってた…。

う~ん、それもキレイな感じで・・・
宵乃さんらしいご意見だと思います。

> チャーリーが好意的な態度に変わるのが早すぎる気がして、ほかのチャラ男と同じに見えてしまったんですよ。あの失言のくだりをやるためだろうけど、見え見えで…。

イギリス人なのでもっと紳士的であるべき・・・とは
限らないけど(フル・モンティの件)
あの失言のくだりは、ミエミエではなかったけど、やっぱり感がありましたね~(笑)。

> イタリアは女性に出会ったら口説くのが礼儀という国だから、クレアが口説かれるのは楽しめたんですけどね~。

ははは・・・本当にね~。
神父までいましたよね~(口説いてはいないけど)

> チャーリーがいなければ、クレアの愛とヒロインとの友情メインで楽しめた気がします。

まぁでもチャーリーがいないと、
一般的に、観客を呼べる映画には、なりにくなったようには思います。

> 邦題は…単純に翻訳を間違えたんでしょうか?(笑)

いや、違う、絶対に、悪意を感じます(爆)。
200歳の少女と同じですわ(大爆)。

> 今日はモダン・タイムスですね。最初は歌詞がなかったんですか~。これも人気があるからこそかな。穏やかな気持ちになれる曲です。

ハイ、サイレント映画ですのでね・・・
良い曲なので歌詞が付けられて、広く広まったのでしょうね~。
共感して下さり、ありがとう~!

> 「ウディ・アレンの夢と犯罪」は本当つまらなかったです。
> 火サスとかなら省略されるような部分を大真面目に描いちゃってて、面白みなかったですね。両親が可哀想…!
> 叔父さんは内心ホッとしながら、両親を慰めたりしてそうです…。

あの、叔父、って人ですが、
もしもこれでシメシメと思い、自分の思い通りと思ったとしても、
それで終わるのが人生ではない、と思いたいです!!!

両親は可哀想ではあるのですが、もう大人の二人のやった事ですので
子供の事(ぼくのエリ、等)とはちょっと違うように思います。

あの犯罪計画云々のところで、色々と哲学的な話も出てはいましたが、
何と言っても殺人、何の正当性もなく、自分さえよければ良い、の感覚は
きっと監督自身が、一番発揮していたように思います!!!

  1. 2012/09/23(日) 01:14:46 |
  2. URL |
  3. take51
  4. [ 編集 ]
こんばんは!!(^^♪

見ました!良かったですね!!
出演者が良かったですね~、特にヴァネッサ!!
ちょっと調べたらロレンツォ役のフランコとは昔、同棲して
男の子もいらっしゃるとか??結婚はしてる、してないの
説がありよく解りませんが・・・(^▽^;)

何はともあれ本当に素敵な女優さんでした!

色々書きたいのですが、とにかく眠くて(笑)
何はともあれ見ました、ということと面白かったという
ご報告でございました!!

最後、チャーリーの足は折れてたんですよね?
左足が変な方向向いてたのが笑えました(笑)

また記事も書きたいと思います~!!(^.^)

take51さん、おはようございます☆

  1. 2012/09/23(日) 06:34:20 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
コメントを有難うございます☆

> 見ました!良かったですね!!
> 出演者が良かったですね~、特にヴァネッサ!!

お気に召されたのですね~☆
それは良かったです!

> ちょっと調べたらロレンツォ役のフランコとは昔、同棲して
> 男の子もいらっしゃるとか??結婚はしてる、してないの
> 説がありよく解りませんが・・・(^▽^;)

初耳で、ちょっと見たのですが、
多分昔は結婚できなくて、子供が授かり、
最近結婚できたのでしょうね~???

多分老齢期を迎え、事実婚では困ることもあったのかもですね???
まぁどうでも良いのですが、そういう二人が演じていたと知っていたら
かなり評価が下がったので、知らずに見て良かったです。

何でそういう人たちを使ったんでしょうね~?
役柄に合わせたのか?
公私混同はやめてほしいです!

> 何はともあれ本当に素敵な女優さんでした!

ハイ、高校時代に見た「ジュリア」以降、本数は見ていませんが好きな女優です☆
妹さんも上手な女優さんです!

> 色々書きたいのですが、とにかく眠くて(笑)
> 何はともあれ見ました、ということと面白かったという
> ご報告でございました!!

どうもわざわざ申し訳ありません。
ゆっくりで結構でしたのに、有難う☆

今日は雨模様でしょうか?
どうそごゆっくりとお過ごしくださいね~!

> 最後、チャーリーの足は折れてたんですよね?
> 左足が変な方向向いてたのが笑えました(笑)

そうですか~あんまり見ていなくて(笑)
きっと折れていたのでしょうね~???

> また記事も書きたいと思います~!!(^.^)

またお邪魔いたしますが、記事ご無理なくお気楽にね~♪
(1週間書かれずに今朝読ませて頂いた記事はもちろん嬉しかったですけど)
 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2020 04  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -