FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


(1-171)  チャップリンの殺人狂時代  (2回目)

  1. 2010/10/21(木) 23:00:00_
  2. チャールズ・チャップリン (出演のみ作品含む)
  3. _ comment:0
再見  Monsieur Verdoux  (チャップリンの殺人狂時代)  1947年・アメリカ



殺人狂時代




 
.


2010年10月21日(木)  VHS

監督・主演 チャールズ・チャップリン

感想
凄い映画だよね、多分、チャーリーの映画の中で一番だと思うわ。
この映画までの全ての映画のエッセンスを取り込んで、言いたい事一杯あって・・・
きっと初見時は、なんだかんだと言っても子供だったんだと思う。
この映画の事分からないくらいに。
・・・そう「独裁者」とか「モダンタイムス」とか分かりやすいけどね、この映画は、分かりにくいと思う。
といっても難解なのではなく、やはり人生経験、高校生には早かったという事だと思う。

珠玉のセリフの数々・・・
暴力は暴力しか生まない
愛って自分を犠牲にすることよ 
小さな親切は世界を美しく変える
あと調べる

この映画までの全ての映画の一部・・・
モダン・タイムス
独裁者
キッド
街の灯

こんな感じ?

そしてラストに向かう、ラム酒を飲んで、ギロチンへ行くところ、
その意味は高校生には分からなかったけど、今の私には何となくわかる、
それは、人生も半分以上過ぎた私だから。
こうだと断言する事は出来ないけれども、
きっと、それは人生を終えるその瞬間まで、キチンと自分を生き抜くと言う事ではないかしら???

中3からの10年間のベスト10に入っていなかったのは、
難しくてよく分かっていなかったからだと思う。
今回もハッキリと覚えていたのは、ラストあたりを除くと、ボートの部分だけだったもの。
曖昧だったこの映画が、今の私にとっては、一番ハッキリとした訴えや輪郭を持って迫ってきます。

.


初見時感想はこちら  →  チャップリンの殺人狂時代 (47・米) ・・・1-171





<<2-804  霧の中の風景 | BLOG TOP | (1-370)  愛情物語  1955年・アメリカ版  (2回目)>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2019 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31