FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


2-775  かあちゃん 

  1. 2010/09/23(木) 22:30:00_
  2. 市川崑
  3. _ comment:0
かあちゃん  2001年・日本



かあちゃん






 

.


2010年9月23日(木)  チャンネルネコ

監督  市川崑
主演  岸恵子  (おかつ役)

感想
3部作終わり、う~ん、監督もそれぞれ違うし、テイストも違うけど、これもまぁまぁイイでしょう。
大好きだったお父ちゃんに似ている(耳のほくろ)
男性を助けたい気持ちが、自然と入るんだろうね~。
その事がなかったら、やっぱりおかしいものね、イイ人過ぎて、だから、可愛いと思ったよ☆

岸恵子って凄いよね~!



以下、「忘却エンドロール」さんとのやり取り。

こんにちは☆
鑑賞しました~。
「海は見ていた」「さぶ」と、山本周五郎3部作でしょうか?
監督もそれぞれ違うけど、まぁ「江戸人情話」ですよね~。

>お金を目の前に感涙するのは、ちと現金すぎますし。

でもね、私は、あれで良かったと思うの、演出的に。
何もない時代ですもの、やっぱり温かい言葉や態度も、もちろんものすごく嬉しいとは思うけど、
明日からどうやって暮らしを立てれば良いか分からない、不安な出所日に、

目の前に、現に、手で触れる、何でも買う事が出来る「お金」が積まれる・・・
それこそが、この当時のヒトの感じる「本物の愛情」ではないでしょうか?
私たちには「食べられない時代」はなかったけど、
少し前まで、日本はマトモに食べられない時代が多かったのよね~。
好きなだけ食べられる時代に、心から感謝します☆

あ、あと他の部分は、宵乃さんの書かれた事、大いに共感しています。
イラストも、最後まで見てから、深い意味が分かる、すっごく良い場面で素晴らしいです♪
2010/09/23(木) 15:33:11 | URL | miri #jSBoJ0Ww[ 編集]



>miriさん
いらっしゃいませ。
時代劇というと山本周五郎の名前をよく聞きますが、「海は見ていた」「さぶ」は観た事がありません。黒澤監督も彼の原作でいくつか撮ってますよね。江戸人情話が得意なんでしょうか?

> 目の前に、現に、手で触れる、何でも買う事が出来る「お金」が積まれる・・・
> それこそが、この当時のヒトの感じる「本物の愛情」ではないでしょうか?

言われてみれば、あれが一番こころから安心できる瞬間だったのかもしれないですね~!
自分はどうも”きれいごと”を求めてしまうところがあって、現代の感覚であそこに違和感を抱いてしまったようです。
彼らが町人ではなく農民だったら、お米を貰って涙してたのかな?

コメントありがとうございました。明日はがんばりましょうね~!





<<2-776  トリコロールに燃えて | BLOG TOP | 2-774  ザ・ヤクザ  (旧gooブログの記事)>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2019 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31