FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


2-910  シッピング・ニュース

  1. 2011/01/20(木) 23:00:00_
  2. ラッセ・ハルストレム
  3. _ comment:0
The Shipping News  (シッピング・ニュース)  2001年・アメリカ



シッピングニュース



以下、内容に触れていますので、お気を付けください。





 
.


2011年1月20日(木)  BSーTBS

監督  ラッセ・ハルストレム
主演  ケヴィン・スペイシ―  (クオイル役)

感想
この映画には、「医学的に死んだとされる人間が生き返る」があります。

終わり良ければ全て良し、ってこの映画で・賞

私としてはケビン・スペイシ―が「落ちこぼれ役」をやるの初めてで、戸惑いました。
でも俳優ってすごいよね、ホントに落ちこぼれに見えるし。

彼女はあちこちで見ていたんだね、驚きの「ブラインドネス」だよ。
でも、この映画では、夫を殺しているのに、皆に優しくされて、
足りない子を育てる保育士っておかしな感じもある。

ジュディ・デンチはすごい!
「ショコラ」にも出ていて、この監督と相性が良いのか、すっごく上手だし。

あの女の子もうまかった。
男の子の方もね。
意地悪な人、優しい人、色んな人、厳しい自然・・・。
意地悪な人に鍛えられて? 成長したのは、儲けもん!

全体的に良い映画と思ったのは、やはり監督の技量が上だという事。

あの遺灰をトイレの中に落とすのは、どうかな~?って感じもある。
いくら酷いことされてても、もう何十年も前の話で、自分が今幸せなら・・・許せなくても、
遺灰をトイレに入れるまでするか???と疑問。

先祖のした事や、おかしな妻の事、両親の事、なにもかも覆いかぶさって、
変な人生を歩まざるを得ないけど、この映画の場合、最後の最後で、まぁ許せる感じ。
「ジュマンジ」見ていなかったら、太鼓の音は気にならないはずだしね。
「ショコラ」ほどではないけど、良い作品でした。




<<(1-448)  陽のあたる場所  (2回目) | BLOG TOP | (1-491)  チ・ン・ピ・ラ  (2回目)>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2019 09  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -