FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


(76) 戦争と平和 ~後編~

  1. 1975/12/14(日) 18:00:00_
  2. キング・ヴィダー
  3. _ comment:0
戦争と平和




映画鑑賞の記録 1
(誤字・脱字・間違った情報等も・そのまま、ノートを転記しただけの記録です)
(その後 ネットで調べたりして 分かった事は、追記してゆきます)

ココから下が転記の内容です。



【文芸映画】 1956年・アメリカ

1975年12月14日(日) PM4:15~5:35 (中3)
監督 キング・ドビア
主演 オードリー・ヘップバーン、メル・ファラー

ものすごく見たかったのでみた




 
.


感想
今までみた どの映画より(Gone With The Windよりも)
戦争に対する いかりとていこうを感じた
前編のきらびやかさに対して 後編はもう・・・
戦争のための死、死、死
ナポレオンのしっきゃくが よくわかった
でもあんなことしたなんて、映画はやはりリアル
最後のナターシャのつよさ、ピエールのすばらしさは
スカーレット・オハラに、にていた
その上、チャーミングで・・・
どうしても読まねばならない 原作を
「もっとも むずかしく そして 大切なことは
生命を愛することだ 大切にすることだ」
戦争はほんとに ざんこくで
人の命を 愛する事ことは すばらしい
平和とは 何か?
そして生命力、人間の限界
いろんなことを教えてくれた この映画に
感しゃしなくては ならないだろう

そして私は 次の世代の にない手として ここにちかう
人の生命を愛する
戦争(自殺)は絶対なくす
だれかが戦争をしたそうだったら この映画を
みせてやる    と・・・

そして1人の女として
ナターシャのように チャーミングで まっすぐ生きて
たとえころんでも生きて そしてみなを助けるべきときは
ナターシャのように、スカーレットのように つよくありたいと願う



***************************



2009年2月:追記

原作を読んでいないのが恥ずかしいです。
この後編も覚えています、前編とは変わって、戦争、戦争で。

ところでこの頃は映画はテレビの中で軽く見られていたのか?
よく前編・後編としてオンエアされていましたね・・・
今は長い時間とってオンエアするけどね。

でも、この時、中3の冬に、この映画を見られて
本当に良かったと思います。 



***************************



http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=12968

原題:WAR AND PEACE
製作国:アメリカ/イタリア
監督の正しいお名前:キング・ヴィダー




再見時等の感想はこちら

戦争と平和~前篇~(56・米/伊) ・・・ 1-76
戦争と平和(56・米/伊) ・・・ 2回目~前編~
戦争と平和(56・米/伊) ・・・ 2回目~後篇~
戦争と平和(56・米/伊)(3回目) ・・・ 1-76





<<77・ジョーズ | BLOG TOP | 76・戦争と平和 ~前編~>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2019 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31