FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


(2-14)  赤穂城断絶  (2回目)

  1. 2018/02/06(火) 23:00:00_
  2. 深作欣二
  3. _ comment:0
再見  赤穂城断絶  1978年・日本



赤穂城断絶




 
.


2018年2月6日(火)  BS3

監督  深作欣二     
主演  萬屋錦之助

感想
初見時感想の通りなのですが、
いろいろと俳優陣について思ったことを。

西郷輝彦 → チョイ役の浅野内匠頭 やっぱり顔で選ばれたのか?

丹波の御大 → 柳沢吉保 はははのは~!

芦田伸介 → 上杉家の家老 「お家が一番でございます」

若林豪 → 老中のパシリ  良い役だよねー得しました

松方弘樹 → 同上、で、なおかつカッコイイ

千葉真一 → イミフ系だが、さすが深作作品!

近藤正臣 → この頃はまだ若かったなあ(笑)

原田美枝子 → 夫の別家庭のこと聞いてからお気の毒で(笑)

三田佳子 → 遥泉院にピッタリです

岡田茉莉子 → こちらも内蔵助の内儀にピッタリ

(女性はチョイ役の深作作品)

森田健作 → 早脱ぎは歌手時代の得意技か?

加藤嘉 → 泣けるねえ・・・

金子信雄 → このひと、今まで見た吉良上野介の中でピカイチかも???

萬屋錦之助 → あんたの為の映画だったねえ!

大滝修治 → 知っているのに知らんふり♪

三船敏郎 → どこで出るか?と待っていたら、まさかの隣人! 夜明けにキチンとした着物!

渡瀬恒彦 → やっぱり好きだにゃあ・・・

この映画はアクションというより、大雑把に分かりやすく作られた娯楽大作の忠臣蔵です。
はい、再見して良かったです。
製昨当時のこといろいろと知っているからね、面白かったよ!

でもまぁ、もうちょっと大雑把ではない忠臣蔵が好きですね。



初見時感想はこちら  →  赤穂城断絶(78・日) ・・・ 2-14 



今年から、ロッカリアさんのお知恵を拝借して、映画の結末を書きます。
白文字反転で読めます。
(携帯・スマホでは、白文字にならず読めますので、お気を付けください)

「赤穂城断絶」の結末

ラストシーンは、大石の死の確認をした下っ端役人が
上司に報告しお辞儀しているところ。
テロップが出て、泉岳寺には今も線香を手向ける人がたえないと書いてある。

まぁ、忠臣蔵なのでお話の内容は分かっているけど
その後の残された人などを全く映さなかったのが
深作作品らしいと思いました。




<<5-1397  アクトレス  ~女たちの舞台~ | BLOG TOP | 5-1396  シシリーの黒い霧>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2019 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31