FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


5-1407  マリリンとアインシュタイン

  1. 2018/02/27(火) 23:00:00_
  2. その他の外国人監督作品
  3. _ comment:0
INSIGNIFICANCE  (マリリンとアインシュタイン)  1985年・アメリカ



マリリンとアインシュタイン




 

.


2018年2月27日(火)  ムービープラス

監督  ニコラス・ローグ
出演  テレサ・ラッセル / ゲイリー・ビューシイ / トニー・カーティス / レイ・チャールソン

感想
なんというか難しい映画でした。
よく分からない・・・訴えはあるんだろうけど・・・



以下、内容に触れていますので、お気を付けください。



でも、原爆の事を彼がどう思っていたのか分からないけど
日本に来たこともあって、そのときのメモリーが
そうなったって感じだけど、グロいというか。。。

議員が女優のお腹を殴るのだけは、絶対にダメだと思いました。
あれで済むのか?
議員の過去は、「スポットライト」の被害者ということか?

女優の過去も酷くて、孤児院の虐めや
仕事をとるための自分からするセクハラ行為、
今の時代では考えられないけど、仕方なかったんだろうね。。。

元野球選手も子供の頃から同じ事ばっかりしてってこと?

その4人の一晩(と翌朝)の邂逅で
エレベータ係のインデイアン、タクシー運転手、風おこし係、くらいで、
人数も少ないし、勿体付けた作品だったなあ。

「地球に落ちてきた男」の監督か・・・
しかも女優の夫!
それではワタクシ映画です?(笑)

そんなわけで、良さそうで、良くなかった残念な作品。

モンローが好きな私だからこそ。
そしてこの日に入ったニュースでダークマターの件で
アインシュタインの計算が間違っているとかどうとか、
シンクロを感じましたです、はい。



今年から、ロッカリアさんのお知恵を拝借して、映画の結末を書きます。
白文字反転で読めます。
(携帯・スマホでは、白文字にならず読めますので、お気を付けください)

「マリリンとアインシュタイン」の結末

ラストシークエンスは広島と同じ以上の核爆弾の妄想。
そのあとに、彼女が手を振って帰る、その手のアップで終わり。





<<(1-351)  オリエント急行殺人事件  (殿堂入り) | BLOG TOP | 5-1406  奇跡のひと マリーとマルグリット>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2019 09  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -