FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


5-1396  シシリーの黒い霧

  1. 2018/02/05(月) 23:00:00_
  2. その他の外国人監督作品
  3. _ comment:0
SALVATORE GIULIANO  (シシリーの黒い霧)  1962年・イタリア



シシリーの黒い霧





 
.


2018年2月5日(月)

監督  フランチェスコ・ロージ
出演  フランク・ウォルフ  サルヴォ・ランドーネ

感想
私が思うに、サルバトーレ・ジュリア―ノの俳優をハッキリ見せなかったのは
製昨年度から見て12年前の出来事だけど、
実際は別人でアメリカに逃げたという噂があったからで、
最近のDNA鑑定でも100%とは出なかったらしいし、
そうやってうやむやにするのが製作側の意図で
ホントはどっちか分からないようにしたんだと思います☆

それで、ドキュメンタリー風の作品で
そういう意味ではスター俳優がいないのが正解だし、
誰が誰だかよく分からないのは
イタリア人の顔を日本人が正確に把握できないからで
仕方ないことだと思います。

獄中でやられた人ね、怖いね、いまだに犯人が分からないらしいし。。。

この作品の、裁判のところや、
過去と現在を織り交ぜるところなんかは、
何とも言えない迫力で・・・

白黒が目に優しいのだけど
この作品は、それが怖い・・・太陽が痛い。

シシリーってつまりシチリア島だと思うんだけど
そういう黒い歴史あまり知らなかったけど
今までもあそこの映画色々と見たけど
明るいのってないもんね!
そういう場所なんだよね~しみじみ。

見て良かったし、オンエアしてくれて嬉しかったです。
こういうのはBS3に限るよね~!
怖かったけど、知って良かった世界。
私の育った時代の日本がどんだけ幸せなのか、身に染みて思いました。





今年から、ロッカリアさんのお知恵を拝借して、映画の結末を書きます。
白文字反転で読めます。
(携帯・スマホでは、白文字にならず読めますので、お気を付けください)

「シシリーの黒い霧」の結末

ラストシーンは、誰かの死。
多くの人がいる中で殺されたらしい、でも誰だろう?
あの裁判に出ていた人かなあ???

結末というか事実なので・・・。




<<(2-14)  赤穂城断絶  (2回目) | BLOG TOP | 5-1395  後妻業の女>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2019 10  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -