FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


5-1360  裏切りの荒野

  1. 2017/11/29(水) 23:00:00_
  2. その他の外国人監督作品
  3. _ comment:2
L' UOMO, L' ORGOGLIO, LA VENDETTA  SUL FIUME  (裏切りの荒野) 1968年・イタリア



裏切りの荒野




 
.


2017年11月29日(水)  BS3

監督  ルイジ・パッツオーニ 
主演  フランコ・ネロ

感想
映画の出来が悪く、良い点はネロさんが可愛いだけで
普通のマカロニを求めてもダメだし、
ロマンスを求めてもダメだし、


一番ひどかったのが、彼女のこころがコロコロ変わることで
いったいいつその人と知り合ったのか?とか

ネロさんの役柄としても、どうしてそこまでズルズルといくか?と疑問ですよね?
ちゃんとした軍人、女性ならいくらでもいると思うのにね?

全体像から、細部まで、全てが・・・分かりにくいというよりも
脚本のていをなしていない・・・つまり駄作の類ですね。


ただまあ、バカじゃないの?と笑いながらも
時間つぶし的には良いし、
私の嫌いなキレイごとは全くなかったので、仕方ないです(笑)。



この映画についてのallcinemaの「あらすじ」は間違っています。



以下、内容に触れていますので、お気を付けください。



ネロさんの演じたホセは、ガンマンではなく、下級軍人(といっても軍曹)
として、きちんとしたお仕事としてその町に来て、その女と知り合ったのです。

また、逆上して女を殺したと書いてあるけど、全然違います。
最後の最後まで、ホントに彼女を愛した?好きだった彼が
オトコから男へ移り移って、
とうとう彼の夢であったアメリカ行きを踏みにじったこと
そして「あんたなんか一度も好きではなかった」という言葉で
自分を失い、ナイフで刺したのです、口づけしながら。

間違って殺してしまった中尉。
流れで加わった強盗。
そこで死なせてしまった、看病し続けてくれた若者。
その女の夫という男が殺しにかかったので、返り討ちにしたこと。
アル中のおっさんを助けて、3人でアメリカに行くようになっていたこと。
盛りだくさんな内容で、演出の腕が回らないからダメになったけど
もうちょっとマシな監督ならなぁと残念・・・

最近のBS3のオンエアは酷い作品が多過ぎる。





<<2017年11月のプラグインの言葉 | BLOG TOP | 5-1359  クリエイター>>

comment

わかりやすい!

  1. 2018/02/14(水) 16:12:06 |
  2. URL |
  3. 宵乃
  4. [ 編集 ]
映画情報サイトは結構間違えが多いですからね。
きっとmiriさんのブログにたどり着いた人の参考になると思います。

>ちゃんとした軍人、女性ならいくらでもいると思うのにね?

ですよね。あんなに若くて顔が良ければよりどりみどりでしょうに。
酔っ払いおじさんの忠告を無視して彼女に会いに行った時点で覚悟したのかと思いきや、追手に囲まれて取り乱すのも意味不明でした。

ヒロインの態度の変化は典型的な詐欺師やDV加害者タイプでしたよね。突き放したり罵倒したかと思えば、離れていかないように優しい言葉をかけて。…ちょっと下手くそでしたが。

せめて酔っ払いおじさんだけでも新天地で堅気としてやり直せてればいいなぁと思いました。

こちらにもコメントを有難うございます☆

  1. 2018/02/14(水) 20:20:18 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
Re: わかりやすい!
> 映画情報サイトは結構間違えが多いですからね。
> きっとmiriさんのブログにたどり着いた人の参考になると思います。

いやはやお恥ずかしい・・・
あまりにもひどかったので書きましたが、
宵乃さんから「分かりやすい」と言っていただけたのでちょっと自信を持てそうです。
なかなかあらすじは書けなくて、苦手なので、嬉しいです♪

> ですよね。あんなに若くて顔が良ければよりどりみどりでしょうに。
> 酔っ払いおじさんの忠告を無視して彼女に会いに行った時点で覚悟したのかと思いきや、追手に囲まれて取り乱すのも意味不明でした。

人間としての実態が全くなく、
脚本の人は一体全体何考えていたんだろう?と思いました。

やはり映画の登場人物は、ある程度
こっちが納得できないと(悪人ならそれなりで良いので)
つまらなく感じますよね~!

> ヒロインの態度の変化は典型的な詐欺師やDV加害者タイプでしたよね。突き放したり罵倒したかと思えば、離れていかないように優しい言葉をかけて。…ちょっと下手くそでしたが。

ハイ、役柄は主人公と同じで実態がなく、
女優としてはどうなんだろう?という感じでした。
やっとありついた仕事かもしれないなあ、と可哀想な感じはします。

> せめて酔っ払いおじさんだけでも新天地で堅気としてやり直せてればいいなぁと思いました。

ハイ、私も激しく同意します。
あの人は悪い人でしたが、主人公の真心に触れて真人間になったと思えます。
アメリカで苦労するだろうけど、イタリア人社会があると思うし・・・
決して悪の道に戻ってほしくないですね!


.
 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2019 12  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -