FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


2-810  マルタのやさしい刺繍

  1. 2010/10/27(水) 22:30:00_
  2. その他の外国人監督作品
  3. _ comment:0
DIE HERBSTZEITLOSEN  (マルタのやさしい刺繍)  2006年・スイス



マルタのやさしい刺繡




 
.


2010年10月27日(水)  BSジャパン

監督  ベティナ・オベルリ
主演  シュテファニー・グラーザー  (マルタ役)

感想一部抜粋
イイ映画ですよね~☆
女性は長生きすれば、誰もがいつかは「おばあちゃん」になるんですものね。
誰かのおばあちゃんではなく、一般的な意味でのおばあちゃん。

長生きしたくなくても、そうなれば、その事を感謝して日々を過ごさなくてはならない・・・。
マルタは、80歳、夫を84歳で亡くして、9ヶ月、暗い顔で、日曜礼拝(息子が牧師)に
遅れるほど、ぼんやりとした日々を過ごしている・・・
このあたりのマルタの顔が、とっても暗くて、
あぁ日本にも多いな、つまらない顔をしているおばあちゃん・・・若い人も多いけど
と、暗くイイ気分しなかったし、自分を見ているように思いました。

村の旗が破損していて、それを繕うよう頼まれてから、昔していた仕事「布で色々と作る事」
その中でも特に「美しいランジェリーを手作りしてお店で売る夢」を、思い出し、
急に体中から、心の奥底から、止められない想いが・・・
年下の友人の手伝いもあって、その夢に向かって爆進!

友人たちもそれぞれの問題解決への第一歩を・・・このあたり凄く良かったですネ。
皆、特にマルタは、顔が全然変わっちゃって、明るく、心から柔和な笑顔。

友人たちのあれこれは、それぞれに・・・
息子も牧師のくせにさー。
色々といやがらせされても、体力では負けるけど、頭と心、
智恵と今まで生きてきた全てで、勝てたね☆

でも、一番思ったのは、やっぱり愛する人との他界による別れ、から、前を見て生きるまでには
人それぞれの時間が必要だと言う事。

良かったね、マルタ、これからの道が開けて・・・夢や希望や明るい笑顔や。
インターネットで売れて、幸せ☆

でも、中年の哀歌も少しは分かるよ、あいつは性格が悪すぎたけどね。

あいつ以外の中年のおっさんは良い人ばかりで、
レースで作った旗を揚げてくれて、本当に良かった☆




<<(1-193)  マイ・フェア・レディ  (2回目) | BLOG TOP | (1-188)  ローマの休日  (殿堂入り)>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2019 07  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -