fc2ブログ
  • 2024_04
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2024_06

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


(1-260)  キタキツネ物語  (2回目)  ※春のファミリー企画に参加しました。

  1. 2014/05/23(金) 23:00:00_
  2. 蔵原惟繕
  3. _ comment:0
再見  キタキツネ物語 1978年・日本



キタキツネ物語新画像




 
.


2014年5月23日(金)  レンタルDVD 

監督 蔵原惟繕
声や歌などの出演  岡田英二/町田義人/朱里エイコ/大林丈二

感想
これはファミリー映画かもしれないけど、あくまでも「キタキツネのファミリー」ですね♪
分かってはいたけど、厳しい「生きる事は食べる事」その姿勢は
現代のある程度普通に暮らせる日本人には、厳しすぎて・・・

キタキツネの1年間は決っていて、真冬に結婚、懐妊、冬の終わりに出産、
春に子育て、夏の終わりに子別れ(自分たちで育てた子供を、縄張りから追い出す)、
そして真冬まで生き延びるのは7パーセントとか(この映画の製作時の数字です)

簡単に本能とか食べるためだから仕方ないとか分かっているよとか思っても
やっぱり人間のファミリー的に見ると、それぞれの家庭で千差万別だもの・・・

今現在のこういう系統の映画のような「映像美としての美しさ」は ないけど
70年代後半の作品としてかなり美しく、監督の演出がすごく良くて
樫の木の声の岡田さんはじめ、皆さんすごい方ばかりで・・・
大人の再見に耐える素晴らしい作品でした☆



初見時感想 → こちら




こちらにいただいていたコメントです。


「キタキツネ物語」かと思いきや…

2015/09/30(水) 16:56:53 | URL | 宵乃 [ 編集 ]

吹き替えでいらんセリフをつけた改悪バージョンでした…。
オリジナルは、ナレーションだけでセリフはないですよね?
もう「てめぇらの解釈なんかいらねーんだよっ!!」という感じでブチギレてしまって、本来の良さがまったくわからなかったです(汗)
ホント最近の邦画って、観る人の想像力も映画の一部だということを忘れているものが多くて…。
嘆かわしい。



Re: 「キタキツネ物語」かと思いきや…

2015/09/30(水) 19:06:02 | URL | miri [ 編集 ]

宵乃さん、こんばんは☆
コメントを有難うございます☆

> 吹き替えでいらんセリフをつけた改悪バージョンでした…。

ゲッ! それは酷い!

> オリジナルは、ナレーションだけでセリフはないですよね?

ハイ、それも当時の一流どころが担当していて
素晴らしい作品になっています♪

> もう「てめぇらの解釈なんかいらねーんだよっ!!」という感じでブチギレてしまって、本来の良さがまったくわからなかったです(汗)

・・・たいへんに残念です・・・オリジナルのオンエアは難しいのかな~?

> ホント最近の邦画って、観る人の想像力も映画の一部だということを忘れているものが多くて…。
> 嘆かわしい。

仰る通り!
良い邦画もあるけど、埋もれてしまいますよね・・・。

私、実はそのオンエア、見ていないけど保存したんです・・・
ナレーションとかの人名が変わっていたので見る気にならなくて
見なくて正解でしたね! 今からでも削除してやろうかな?笑





<<(1-265)  シャーロットのおくりもの オリジナルアニメーション  ※春のファミリー企画に参加しました。 | BLOG TOP | 5-352  イルカと少年  /  他・春のファミリー企画に参加しました。>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 


ご挨拶

2021年2月から新ブログ「スクリーンのこちら側から・・・」に記事をアップしています。 このブログは今後も月に一度のまとめ記事をアップし続けます。 

このブログの検索フォームです

カテゴリです❀

1975年からの記録

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2024 05  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -