fc2ブログ
  • 2023_09
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2023_11

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


(2-1074)  犯罪河岸(はんざいかし)  (殿堂入り)

  1. 2020/11/18(水) 23:00:00_
  2. アンリ=ジョルジュ・クルーゾー
  3. _ comment:0
QUAI DES ORFEVRES  (犯罪河岸)  1947年・フランス



hanzaikasi




 
.


2020年11月18日(水)  セルDVD

監督  アンリ=ジョルジュ・クルーゾー
主演  ルイ・ジューヴェ

感想
今年「囚われの女」見た時にもこの映画を見たいと思ったんだけど
昨日の「恐怖の報酬」が、完全な背中押しになって、見ました☆
もう5年も見ていなくて仰天!
ほぼ覚えていると思っていたけど、
細かい点を忘れていて、確かめるように見て、とても良い時間でした。

初見時感想に全部書いてあって、
あの刑事が10年以上前に軍曹でアフリカにいたことはハッキリとしました。
古傷も痛むけど、息子が可愛くて仕方ないのね☆

今回はあの夫婦がちゃんとお互いを信じて事実を言っていればと思ったけど
それでは映画にならないもんね・・・

どらちゃんは、結局、二人共を大好きなんで、
ちょっと疑えたけど、まあいいか。

男の方が気が弱すぎです!
女は図太い、自分がやったと思いながらもしっかりと唄ってね(笑)。

それで今度は「天井桟敷の人々」を見たくなってきましたよ(笑)。
そう、あの舞台裏とかみるとね~ガランスがいそうでした(笑)。

とにかく、これは好きな映画です、いつまでもずっと。
「でき」とかではなく、好きな映画です☆

「恐怖の報酬」再見しようかと思ったけど
長いと気付いたから、オンエアあればね(笑)。
買ってまでね(笑)。
Amazonビデオでもね~嫌(笑)。



初見時等の感想はこちら

犯罪河岸(はんざいかし)(47・仏) ・・・ 2-1074
犯罪河岸(はんざいかし)(47・仏)(2回目) ・・・ 2-1074
犯罪河岸(はんざいかし)(47・仏)(殿堂入り) ・・・ 2-1074





この映画の結末

真犯人はあの車を盗った人間。
他に、刑事殺しもしていて、同じ銃で、
ドアの開いていた部屋へ泥棒に入ったら
血だらけの被害者が出てきたから撃ったのだ。

あの夫婦はラブラブ。
刑事がやってきて、もう一度警察に来てほしいという。

外で息子が待っていた。
雪だるまを当てて、親子で帰って行った。






<<(1-234)  天井桟敷の人々  第一部:犯罪大通り 第二部:白い男  (殿堂入り) | BLOG TOP | (1-325)  恐怖の報酬  (1977年・アメリカ製作・オリジナル完全版)  (2回目)>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 


ご挨拶

2021年2月から新ブログ「スクリーンのこちら側から・・・」に記事をアップしています。 このブログは今後も月に一度のまとめ記事をアップし続けます。 

このブログの検索フォームです

カテゴリです❀

1975年からの記録

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2023 10  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -