fc2ブログ
  • 2024_02
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2024_04

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


5-2021  パーフェクトワールド 君といる奇跡

  1. 2020/11/02(月) 23:00:00_
  2. その他の日本人監督作品 さ行
  3. _ comment:0
パーフェクトワールド 君といる奇跡  2018年・日本



↓ 美しい桜の絵

パーフェクトワールド




 
.


2020年11月2日(月)  日本映画専門チャンネル

監督  柴山健次  
出演  岩田剛典  杉咲花

感想
「雪の華」と対をなす格好になっているけど
全然違ってて、この主演の男は同じ歌手でありながら
王子様と言うよりは『お子様』の笑顔で、
それが好きな人が見る映画であって

私的に杉咲花はうまいからみたんだけど
ほんとに相手役が下手くそで可哀想だった(笑)。

あの同級生は須賀健太君だったんだね、大きくなって(涙)。
よその子は早いです(笑)。

で、退屈で死にそうだったんだけど
最後の最後に
今を生きていて、今の相手が好きと言う言葉
そして二人でいるだけでパーフェクトワールドという言葉は
今の心情に合うモノで、嬉しかったです。

芦名星はお綺麗で、惜しいと思いましたよ、
案外うまかったしね、小泉某のせいだな。

主演の男以外は端役でもうまかったし、
伊藤かずえがああなると思うと感無量ですね(笑)。

桜の季節に半袖は無いだろう?
夏に撮影したのが丸わかりで、
一体全体どういう監督?どういう撮影班?

まあ、いつも通りに病気関係の描写には
頭に来ました。

あとラストシーンと、その後のエンドロールも、
開いた口が塞がらない状態で、
若い人にこういうのばかり見てほしくないし
これを映画と思ってほしくない。

杉咲さんも選んで出てくださいね!





この映画の結末

手術は成功し、高校のグランドでプロポーズし、
エンドロールはそのお式の様子。

この先の生活が全く見えないラストで
非常に不愉快だった。

あ、少女漫画か、知らなかった、それはそれは
仕方のない事でしょう(笑)。






<<5-2022  真実  (2019年版) | BLOG TOP | (2-1611)  お早よう  (殿堂入り)>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 


ご挨拶

2021年2月から新ブログ「スクリーンのこちら側から・・・」に記事をアップしています。 このブログは今後も月に一度のまとめ記事をアップし続けます。 

このブログの検索フォームです

カテゴリです❀

1975年からの記録

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2024 03  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -