FC2ブログ
  • 2020_11
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2021_01

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


夏から少しずつ「007シリーズ」を、見ています!

  1. 2020/10/16(金) 04:55:00_
  2. 外国人監督作品が複数ある記事
  3. _ comment:3
若い頃は、もちろんこのシリーズの存在は知っていましたが
特に好きではなかったので、
オンエアで1回と、映画館で従姉と1回見ただけです。

今年の夏から「ムービープラス」(とBS民放)で、
すごく頻回にオンエアするようになって


私的にボンドはこの人「ロジャー・ムーア」の
未見の作品を試しに見てみたら、


案外面白かったので、それから
続けて見たり、間をあけて見たりしました。



ロジャー・ムーアとショーン・コネリーは昔から知っているから見やすかったし、
ダニエル・クレイグは(ボンドもボンド以外も)最近の作品を
けっこう見ているので見やすかったです

他の二人は、知らない俳優さんだし、なんとなく見辛くて
録画はしてあるけど、これから先でゆっくりと見てゆきたいと思います。

本編以外に番外編も見ていて、今月にはなんとまあ、
1967年版の「カジノ・ロワイヤル」を見た翌日に
2006年版の「カジノ・ロワイヤル」を見ました(笑)。
よくもまあ、同じ原作で、この違い!と笑えましたね~。
これからも縁があれば見てゆきたいと思います☆





 
.


主演俳優 ショーン・コネリー版

ドクター・ノオ  2009年以降に初見、今回は再見せず
ロシアより愛をこめて  若い時にオンエアで見たたった1本のボンド、2009年以降に再見、今回は見ず
ゴールドフィンガー  今回初見、子供時代によく聞いた曲でした
サンダーボール作戦  今回初見、リメイクを先に見てしまって・・・
007は二度死ぬ  今回初見、昔から聞いていた日本版、やっと見ました!
ダイヤモンドは永遠に  駄作だなあって初めて思いました、これで降りたのもうなずける(笑)



主演俳優 ジョージ・レーゼンビー版

女王陛下の007  まあいろんな意味でこれはこれなりに、すごい作品だと思います



主演俳優 ロジャー・ムーア版

死ぬのは奴らだ  今回初見、やっぱりこの人がボンドですね(笑)
黄金銃を持つ男  今回初見、太陽光に目がくらみました(笑)
私を愛したスパイ   2009年以降に初見、今回再見、こういうのがボンドらしいです
ムーンレイカー  昔映画館で見たたった1本、2009年以降に再見、今回は見ず
ユア・アイズ・オンリー  今回初見、まあまあでした
オクトパシー  今回初見、これを最初に見てまあまあ良かったです
美しき獲物たち  今回初見、さすがに飽きてきました(笑)



主演俳優 ティモシー・ダルトン版

リビング・デイライツ  録画済、まだ見ていない
消されたライセンス  録画済、まだ見ていない



主演俳優 ピアース・ブロスナン版

ゴールデンアイ  録画済、まだ見ていない
トゥモロー・ネバー・ダイ  録画済、まだ見ていない
ワールド・イズ・ノット・イナフ  録画済、まだ見ていない
ダイ・アナザー・デイ  録画済、まだ見ていない
         → この記事をアップしてから気付いたけど、2013年に見ていました!!!



主演俳優 ダニエル・クレイグ版

カジノ・ロワイヤル  新人ボンドがよく表現されていました☆
慰めの報酬  ここでやっとMに受け入れられて、良かったね!  
スカイフォール  ロンドンオリンピックの演出の意味がやっと分かりました(笑)
スペクター  未見、録画今のところご縁ナシ
ノー・タイム・トゥ・ダイ  来年公開予定、映画館で見たいなあ(笑)



上記の本編以外の、いわゆる番外編

1967年版のカジノ・ロワイヤル  これはトンデモ映画でした(笑)
ネバーセイ・ネバーアゲイン  こっちを先に見たけど、やはり本編とは違いましたね・・・




<<(1-181)  第三の男  (殿堂入り) | BLOG TOP | 5-2012  007/カジノ・ロワイヤル  (2006年版)>>

comment

  1. 2020/10/25(日) 07:09:56 |
  2. URL |
  3. ポール・ブリッツ
  4. [ 編集 ]
1967年版「カジノ・ロワイヤル」はタイトル権だけ買ってあとは原作など無視してスタッフ陣が悪ノリのかぎりをつくしたパロディ作品ですから……(^^;) むしろ、ダニエル・クレイグ版があそこまで原作に忠実(ラストの展開も原作通りなのです)だったのが自分にはうれしい驚きでした。

とはいえ、創元推理文庫から出版されていたフレミングのハードなスパイ小説である原作「カジノ・ロワイヤル」の表紙には、昔の本ですから仕方がないのですが、1967年版の映画のスチールが使われていて、タイトルの下にはデビッド・ニーヴン御大の演ずるボンド卿がでかでかと写っていて、中学生の時に図書館で見つけて「なんじゃこりゃ」と思ったであります(笑) 真面目なスパイアクションとの中身のギャップが(笑)

ポールさん、こんにちは☆

  1. 2020/10/25(日) 11:00:27 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
コメントを有難うございます☆

> 1967年版「カジノ・ロワイヤル」はタイトル権だけ買ってあとは原作など無視してスタッフ陣が悪ノリのかぎりをつくしたパロディ作品ですから……(^^;)

ネットでいきさつを読みましたが、ポールさんの簡潔な書き方で
スッキリはっきりわかりました、有難う☆

> むしろ、ダニエル・クレイグ版があそこまで原作に忠実(ラストの展開も原作通りなのです)だったのが自分にはうれしい驚きでした。

そうでしたか、そちらは調べなかったので、むごいとかいろいろと思っていたけど
原作忠実なら、良い作品でしたね・・・
ちなみに、夏からずっと見ている中で、私の評価は一番高かったです♪

> とはいえ、創元推理文庫から出版されていたフレミングのハードなスパイ小説である原作「カジノ・ロワイヤル」の表紙には、昔の本ですから仕方がないのですが、1967年版の映画のスチールが使われていて、タイトルの下にはデビッド・ニーヴン御大の演ずるボンド卿がでかでかと写っていて、中学生の時に図書館で見つけて「なんじゃこりゃ」と思ったであります(笑) 真面目なスパイアクションとの中身のギャップが(笑)

ああ・・・それは・・・
もう今は変わっていると信じたいですね(笑)。


追伸:
>邦題はいかんですよねえ。「ジュリエットに愛を」とかのほうがまだよかったような気がするなあ。

あ、それは良い邦題ですね、今から変えてもらいましょう!!!


.
.

管理人のみ閲覧できます

  1. 2020/10/26(月) 18:30:45 |
  2. |
  3. [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2020 12  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -