fc2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


5-2006  SF巨大生物の島

  1. 2020/10/06(火) 23:00:00_
  2. その他の外国人監督作品 さ行
  3. _ comment:0
MYSTERIOUS ISLAND  (SF巨大生物の島)  1961年・イギリス



SF巨大生物の島





 
.


2020年10月6日(火)  シネフィルWOWWOW

監督  サイ・エンドフィールド  
特撮  レイ・ハリーハウゼン
出演  マイケル・クレイグ  ジョーン・グリーンウッド  マイケル・カラン

感想
面白かったです、特撮の人が例の人だしね、すごかったよ。
それだけではなくて、

まずは時代背景が南北戦争時の
アメリカ南軍捕虜収容所から始まるところがね、あのシークエンスだけでも
見応えがありました!

他に、あの島の生活の途中で金持ちのおばと姪を乗せた小舟を流れつかせたり
荷物がどこからともなくやってきたり、
昔住んでいた人を見つけたり、
大きな鳥を殺したり、(最初にカニを食べたり)
海賊をやっつけたり、
冒険やらなんやらの数々、フローネ好きな私としては
どきどきしっぱなしでね(笑)。

とうとう、そこに住んでいる人が誰であるのかが分かり、
火山が爆発寸前で(フローネと流れが全く同じ)
最後にそうなるというところがね・・・

全部の流れがチープだろうけど
60年代の作品だし、とっても良かったと思えるよ、そうね
これが75年以降の作品だったらダメだけどね(笑)。

そうそう、あの若者二人、普通の生活に入っては
身分が違うからね、きっと結婚はしないと思うけど
助かったかどうかもハッキリと描写されていないからね、
この映画はこの映画として、途中で仲良くなったけど微笑ましい感じで、
それで良かったと私は思います☆

おばの方が男に非常に厳しい姿を最後まで見せたところも
すっごく好感でした。
男性陣もそういう意味で悪い奴がいなかったしね!





この映画の結末

火山が早くて、ネモ船長には間に合わなかったが、
他の人物は全員助かり、島を後にした。

その後どうなったのかは描かれていない。




<<5-2007  情事の終わり | BLOG TOP | 5-2005  杉原千畝  スギハラチウネ  >>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 


ご挨拶

2021年2月から新ブログ「スクリーンのこちら側から・・・」に記事をアップしています。 このブログは今後も月に一度のまとめ記事をアップし続けます。 

このブログの検索フォームです

カテゴリです❀

1975年からの記録

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2024 02  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -