FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


5-1357  裁かるゝジャンヌ

  1. 2017/11/21(火) 23:00:00_
  2. カール・テオドール・ドライエル
  3. _ comment:6
LA PASSION DE JEANNE D'ARC  (裁かるゝジャンヌ)  1928年・フランス



裁かるゝジャンヌ




 
.


2017年11月21日(火)  セルVHS

監督  カール・テオドール・ドライエル
主演  ルイーズ・ルネ・ファルコネッティ

感想
ずっと前から見たいと思っていたのですが
「女と男のいる舗道」という映画の中で、主人公がこの映画を見て涙を流していたので
どうしても見たくなり、VHSを買って見ました☆

サイレントと知っていたのでけっこう覚悟して見たけど
(映像と少しの字幕と音楽で引っ張る)サイレント映画の中では、
まだかなり見やすい作品だったと思います。


それは何よりも顔の芸とでも言いますか?(笑)。
主人公と審問官たち1人ずつのドアップが、
この映画の多分8割くらいを占めていると思うのですが、
それが全く退屈でなかったからだと思います☆


良くなかった点は、当時の技術では仕方なかったと思うけど
髪の毛をジョキジョキと実際に切っていたことと(残酷な感じが凄くしたから)
焼かれている途中で口から泡を吹くんですが、その描写がちょっと・・・
まぁリアルなのかもしれないけど、汚いって感じてしまいますよね、21世紀的には(笑)。

その2点以外はほぼ満点のような作品です。
サイレントなので評価はしませんが、そういう作品だと思います☆


鳥の飛ぶモチーフが良かったですね。


人間の奥深い残虐性とか真意の追求ばかりの中で
あの鳥の飛んで行く・・・天国なのでしょうけど
それを目で見て分かりやすく理解させていました。

ジャンヌが焼かれた後での、民衆と役人側のあの戦闘?というか
まぁ暴動とそれをおさめるための発砲等は
長い歴史の中で何回もあったことでしょうし、仕方なかったと思います・・・
短かったしね・・・ただまあ公開処刑の意味をもう一度考えさせられたし、
跳ね橋の上がるのは、冷たい気持ちになります。

さて、本すじの顔芸ですが、
本物のジャンヌ・ダルクは19歳だったようですが
この女優さん、私的に20歳代後半とみたら、40近くてもう仰天!
でも、こういう役柄ですし、仕方ないよね・・・
20世紀の10代ではリアル感ゼロだったんでしょう。
21世紀ならもっとね。
昔見たバーグマンのジャンヌもけっこうなトシだったと思います)

その年増の女優さんの一世一代の演技で、恐怖や失意、悪意を受け取る辛さ、
そして流されてゆく・・・ところ、目を見開かれたところ、でも「もう?」と聞くところ
全てのお顔(とお身体も)がすごかったです・・・この演技は今後の誰にもできないでしょう。

そしてその主人公よりも素晴らしいとさえ思える顔芸の、
審問官たち、味方のフランス関係者たち、処刑関係者たち・・・彼らのあの顔この顔
夢にうなされそうです(笑)。

唾をかけた奴は許せんね!
これが審問ですか?って、誰もが思うことでしょう。

でも案外、味方となっているフランス関係者たちも・・・ねぇ・・・
皆・自分が大事なんですよね、結局。

処刑関係者は、民衆との対比で上手に描かれていたと思います。
そう、民衆もけっこう細かく描写されていて良かったですね!
お乳を飲む乳児のアップにはどういう意味があったんでしょうか?

私がこの映画に出るなら、いつも通りに庶民の女で
暴動で殺される程度でしょうね。。。


15世紀の出来事が今にも受け継がれて、
処刑前後の様子だけでこういう映画ができるから、
凄い事だと思いました☆
やっぱり監督が上手だと思いました。




<<5-1358  サイレント・ランニング | BLOG TOP | ゴダール作品を見て思ったこと☆>>

comment

ジャンヌと審問官たちしか

  1. 2017/11/25(土) 11:29:21 |
  2. URL |
  3. 宵乃
  4. [ 編集 ]
覚えてませんでした。民衆の様子もしっかり描かれていましたか。
インパクトやメッセージ性があるのはもちろん、映画としてきちんと作られていた印象です。
俳優陣の演技も素晴らしかったですし、他の作品でチラッとでも出したくなるのがわかる作品ですね。

>この女優さん、私的に20歳代後半とみたら、40近くてもう仰天!

マジですか。若くはないなとは思っていましたが、そこまでいっていたとは…。さすが女優!

宵乃さん、こんばんは☆

  1. 2017/11/25(土) 18:56:34 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
コメントを有難うございます☆

Re: ジャンヌと審問官たちしか
> 覚えてませんでした。民衆の様子もしっかり描かれていましたか。

そうなんですよ~時間は短かったけど
いろんな人を、サーっとではなくけっこうじっと撮っていました!

> インパクトやメッセージ性があるのはもちろん、映画としてきちんと作られていた印象です。
> 俳優陣の演技も素晴らしかったですし

宵乃さんの記事の通りですね☆

> 他の作品でチラッとでも出したくなるのがわかる作品ですね。

よく映画の中で映画を見ているけど
この映画はゴダールさん(というか何かこだわる人?)が
使いたくなるような作品だと思います☆

> マジですか。若くはないなとは思っていましたが、そこまでいっていたとは…。さすが女優!

多分サイレント期のあまり有名ではない方だと思います。
もしかしたら素人さんだったのかもしれない・・・
とにかく、すごい女優さんでしたね~!

「いとこ同志」は3月に見てアップしてあったんですが、
今ではこちらのブログにも転記してあります。
今からコメントに伺いますね~♪


.

管理人のみ閲覧できます

  1. 2017/11/27(月) 08:41:56 |
  2. |
  3. [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます

  1. 2017/11/28(火) 03:32:40 |
  2. URL |
  3. ポール・ブリッツ
  4. [ 編集 ]
ドライヤー監督は「奇跡(御言葉)」と「怒りの日」を見ました。どっちも素晴らしい作品でしたので、「裁かるるジャンヌ」が見たいのですが、紀伊国屋21000円には勝てず(^^;)

えーん見たいよー。上映会はないかなあどこか。

TSUTAYAかどこかにありますか?

自ブログ記事

奇跡(御言葉) http://crfragment.blog81.fc2.com/blog-entry-3034.html 

怒りの日 http://crfragment.blog81.fc2.com/blog-entry-3062.html

ポールさん、こんにちは☆

  1. 2017/11/28(火) 11:07:35 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
お出ましを有難うございます☆

> ドライヤー監督は「奇跡(御言葉)」と「怒りの日」を見ました。どっちも素晴らしい作品でしたので、「裁かるるジャンヌ」が見たいのですが、紀伊国屋21000円には勝てず(^^;)
> えーん見たいよー。上映会はないかなあどこか。
> TSUTAYAかどこかにありますか?

ポールさんは、もうVHSの機械は廃棄されましたか?
私はまだ持っていて、時々こういう
「見たいけどオンエアもレンタルもない作品でDVDが異常に高い作品」は、
どうしても見たくなったらVHSのソフトを買って見ています。
今回もそうしました。

VHSのソフトはおおむね安いものが多いです。
メッチャ高いのも買った事がありますが、それは新品で素晴らしかったのです。
たいていはレンタル落ちでいまいちの画質ですが、見られないようなものは
売っていないと思います☆

もしVHSの機械をお持ちなら、ソフトの方はお貸ししますよ?
いかがでしょうか?

> 自ブログ記事
> 奇跡(御言葉) http://crfragment.blog81.fc2.com/blog-entry-3034.html 
> 怒りの日 http://crfragment.blog81.fc2.com/blog-entry-3062.html

「奇跡」はアップされた日に読ませていただいています。
私の記事はこちらです → https://saisenseisuki.blog.fc2.com/blog-entry-2394.html
私も初この監督作品は「奇跡」でした。

他に「あるじ」「ゲアトルーズ」「吸血鬼」を見ていますが
全部オンエアでした。
「怒りの日」は未見なので読ませてもらっていません。

「奇跡」にコメント書かせてもらわなかったのは
ちょっと難しい記事だったのと
あの映画にはどうしても許せない描写があって
その点のお話がしたくなかったからなのです、お許しくださいね。

「裁かるゝジャンヌ」はじめサイレント映画は(チャップリンはともかく)
おおかたレンタルにはならないでしょうね~!

5年前にオンエアを録画し損ねた「裁かるゝジャンヌ」の
再放送がもしあったら、それをDVDにして送って差し上げますね。
その時はご連絡致します。
とりあえず、まだ再放送はありません。。。

長々と読んでくださり、有難うございました☆
良いお天気ですね、良い今日になりますように~!


.

管理人のみ閲覧できます

  1. 2017/12/01(金) 19:26:16 |
  2. |
  3. [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2019 12  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -