fc2ブログ
  • 2024_02
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2024_04

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


ハラスメントゲーム 秋津VSカトクの女

  1. 2020/07/12(日) 23:00:00_
  2. 日本の連ドラ・単ドラ
  3. _ comment:0
ハラスメントゲーム 秋津VSカトクの女  2020年・日本



↓ 秋津とカトクの女、二人の別れのシーン
  最近、PCの都合でアマゾンの画像が取り込みにくいので
  今後は自分で気になる場面を写真を撮ってそれをアップすることにしました

カトクの女




 
.


2020年7月12日(日)  地デジ

演出  西浦正記  
主演  唐沢寿明
ゲスト  仲間由紀恵

感想
面白かった。
前に夫が見ていた連ドラのスペシャルなんだなあ。
唐田は痛いなあ。
塚本君もこんな役柄しかなくて・・・萩原聖人もね。

ま、仲間由紀恵が子持ちを演じるんだから
(といっても子供とのシーンは無いけど)
そんな時代と言うわけですね。

主演の彼も良い俳優になって良かったです。
他の人間関係は見ていれば分かったけど
数日後に連ドラを見たら、分かっていなかったんだなあと思いました。

ハラスメントが何なのか少しは分かった気にもなりました。
それは立場の上下ではなく、ということで、
私が常々発している言葉が人たちを傷つけていると気付き、ハッとしました。





この作品の結末

自殺未遂の真相は、副店長のパワハラではなく、
店長との不倫のいざこざによる事故だった。

全てが明らかになり、
カトクの女はお客様として来たと言い、
秋津と握手して別れた。
秋津は函館に帰った。





<<5-1945  007/黄金銃を持つ男 | BLOG TOP | 5-1944  風の谷のナウシカ  >>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 


ご挨拶

2021年2月から新ブログ「スクリーンのこちら側から・・・」に記事をアップしています。 このブログは今後も月に一度のまとめ記事をアップし続けます。 

このブログの検索フォームです

カテゴリです❀

1975年からの記録

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2024 03  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -