fc2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


ハラスメントゲーム

  1. 2020/07/20(月) 23:00:00_
  2. 日本の連ドラ・単ドラ
  3. _ comment:0
ハラスメントゲーム  2018年・日本



画像




 
.


2020年7月中旬  日本映画専門チャンネル

演出  西浦正記  関野宗紀  楢木野礼  
主演  唐沢寿明

感想
ハラスメントっていろいろあって、私もアレだなあ(笑)。
週一で夫が見ていたけど、その時は見たくなくて、
先日たまたまこれの2時間SP見て良くて、
まさかのすぐのオンエアでも飛びつきました。

もし私が週一で見ていたらイライラするところが多かったかもしれないね?
広瀬アリスって得したよね~(笑)。

最後の2話は見にくかったなあ、醜い感じで。
やっぱ現場の小さなハラスメントとか面白かったよ、
それをああいう組織的にやるのはどうもね・・・
私は庶民だから、このスーパーに勤めている人の側だし。

石野真子はいかんね、主婦や母親に見えにくい、下手だわ。
唐沢君も実際子供いないからね、
そのあたりはもうちょっとうまい俳優もいただろうけど
それでも会社に行けばこの人が一番ピッタリだと思うよ!

こういうドラマで主人公の家庭を描写しないのはうまくないから、
あれで良かったかもね?

市川なんとかって女優は作品に恵まれないというか・・・
私的に過去の人で、久しぶりに見てびっくりした(笑)。

ゲストで一番良かったのは、第一話のヤンママ志田未来。
実際今はママだしね、この時は違ったかもしれないけど
「14歳の母」をうまく生かしたか?(笑)。

とにかく、面白くてあっという間に見てしまいました!





この作品の結末

乗っ取り屋には社長が私費で支払いをして解決する。
社長は引退し、驚きの人事で高嶋兄演ずるあの男が社長に。
唐沢は地方の店長に飛ばされる形になる。

家庭は円満、先輩とも気持ちよく別れ、
皆が次へと希望を感じる終わり方だった。







<<5-1952  七つの会議 | BLOG TOP | 5-1951  緑の館>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 


ご挨拶

2021年2月から新ブログ「スクリーンのこちら側から・・・」に記事をアップしています。 このブログは今後も月に一度のまとめ記事をアップし続けます。 

このブログの検索フォームです

カテゴリです❀

1975年からの記録

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2024 02  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -