FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


5-1364  マリアンヌ 

  1. 2017/12/05(火) 23:00:00_
  2. ロバート・ゼメキス
  3. _ comment:1
ALLIED  (マリアンヌ)  2016年・アメリカ



マリアンヌ




 
.


2017年12月5日(火)  Amazonビデオ

監督  ロバート・ゼメキス
主演  ブラッド・ピット
     マリオン・コティヤール

感想
テレビの宣伝で見ていただけで、何も知らず、好きな女優さんなので
来年にはオンエアするだろうけど、早く見たくて、Amazonビデオで見ました☆

鑑賞後にネットの感想を読んだけど、
何やらボギーとバーグマンの「カサブランカ」がどうこうという記述が・・・?
あの映画とこの映画には何の関係もないと思いますよ~(笑)。

最初の舞台がモロッコのカサブランカだったというだけでは???
ゼメキス監督(って知らずに見た!)も
そんなこと思っていないと思うけどなあああ~?

で、この映画、あの場面からくるりと変わってしまったんですよね。
でも、それを責める事は私はしない・・・
だって彼女を見たかったんだから、私はその変な点を含めて気に入っています☆



以下、内容に触れていますので、お気を付けください。



************************************



それは車の中のプロポーズの言葉のシーンから
それまでは、まぁ多少変なところがあっても戦争スパイものって
言えたと思いますよ~

死ぬかもしれないからと砂塵の中であぁいうことをしたのは
彼女が最初から彼を好きだったことの証明だし
もちろん彼も惹かれていたけどプロだから押し殺していたんですよね・・・

要するに両想いで、ミッションが済んだから、素になって
男と女になるって流れはおかしくない・・・

けど、その後のロンドンでのあれこれはちょっとおかしいし、
もちろん2人が宝物をこの世に生み出すところとか
ふたりとも実子がいるだけにその後の全てが自然で
アナの存在は素晴らしかったし、映画的にキーにもなったし
良かったとは思います☆

おかしいのは夫の態度で、という意見が多いですね
自分の妻子だけが大事でって。

ハンター君のご両親の事や地下組織の人々をモノのように扱った事
きっと後日の戦後のメディシン・ハットでの日々に
反省もしただろうけどその当時は必死で仕方なかったんだと思いますよ~。


私が一番おかしいと思ったのは、
最終盤で彼を断罪しなかった
友人でもある上官の態度ですね・・・


部下の人たちも見ていたのにね・・・
実際事実だったら、彼も殺されて、アナは孤児に・・・
それが普通じゃない?

そう、50~60年代と思われるラストシーンの
いかにも娘大事の他の女には目もくれない後ろ姿も嘘っぽいし・・・

一番引っかかるところが、おかしいのかもしれないけど、
映画の流れ的に許せそうな隠し事(マリアンヌの本名等)よりも
最後にキレイごとになったことが、私には一番ガックリでした。

でもあれでないと、アメリカ人は喜んで見ないわよね(笑)。
多くの日本人もね。


とにかくマリオン・コティヤールは綺麗でうまかった!
砂塵の中の出来事の後の、あの妖艶さはどうよ!?



出会い、仕事中、砂塵の中の出来事、結婚式、子供を産んだ時、
育てている最中、幸せ、一歩を一緒に見たこと
彼の態度で気付くところ、手紙を書くところ、ピアノを前にしたシーン、
「愛しているわ、ケベック人」
全部良かった!
彼女を見るための映画でしょう、その意味では満点でした♪



追伸:エージェントおばさん素晴らしかった、
2回しか、しかもチョイ役なのに、つかむよね~!




<<5-1365  卍 (まんじ)  (1964年版) | BLOG TOP | 5-1363  ミスター・ノーボディ>>

comment

管理人のみ閲覧できます

  1. 2017/12/12(火) 23:12:43 |
  2. |
  3. [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2019 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31