FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


5-1939  或る殺人  

  1. 2020/07/03(金) 23:00:00_
  2. オットー・プレミンジャー
  3. _ comment:0
ANATOMY OF A MURDER  (或る殺人)  1959年・アメリカ



或る殺人




 
.


2020年7月3日(金)  ザ・シネマ

監督  オットー・プレミンジャー
主演  ジェームス・スチュワート

感想
この監督久しぶりで、主演も良いから見ようとしたら
160分と気付きギョギョギョ!



しかし、煙草会社が作ったのか?と思うほど
皆がタバコばっかり吸っているから
見ていてだんだん気持ち悪くなってきました。

この映画を今まで全然知らなかったのは
煙草の関係もあるかもしれないと思いました。
まあ、あまりにも長いからそれもあるけどね(笑)。

ジョージ・Cさん見たばっかりで、若いから(多少若いから)ビックリよ(笑)。
しかし「語るに落ちた」というより、「問うに落ちた」んだよね、
まさか「父親」だなんて思ったこともなかったんでしょうね(笑)。

彼女は最初その人物は無罪と思っていて、
でも心当たりがあって、その証拠を隠さずに出して、


それで「考えも変わった」と正直に言うところは
本当にホッとしたし、良心と言うか良かったね、
法廷劇では必要な描写でした。



それにしてもラストはお金とらないとだめだと思うよ!
笑いを取るところかもしれないけど、ちょっとね?

あの若い夫婦が今後どうなるのか?
軍に所属していれば、お金も取れるかもしれないけど
もしかしたら軍もやめてしまうかもしれないしね・・・。

人騒がせだけなら良いけど、結局、最後は
(他人を傷つけたうえで)別れるんだろうな、と
愛と情熱の混同や、子ども同士のような二人・・・嫌いだなあ、
今もたまに見るよね、特にバカ女の方(笑)。


ま、あの爺さんに自信を取り戻させたり、
お金なくてもついてくる秘書がいることは
今後も幸せにやれるという事で、ちゃんちゃん。



しかし、ジェームス・スチュワートさんはよく働くよね、
先月ヒッチので見たばっかりだし、
多分一番見ている俳優の一人のように思います(笑)。





この映画の結末

ジョージ・C演ずる偉い方の検察官が「愛人だろう?」と聞き、
彼女は「違います、父親です」と法廷の全員の前で言った。

長い時間が経ち、陪審員の意見が一致した。
評決は無罪、心神喪失ということだった。
妻は聞きもせずに「外で待っている」と。

翌朝、お金をもらうために夫婦のもとへ。
何と、逃げて行った後だった!

秘書にどう言おうか?
そうだ、彼女のホテルの相続の仕事をしようと二人で行く。
老弁護士は自信を取り戻し、もう一度働くと元気になった。




<<(2-245)  ハリーの災難  (2回目) | BLOG TOP | 5-1937 エヴェレスト  神々の山嶺>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2020 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -