FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


2020年 上半期の 私の ベスト等 

  1. 2020/07/01(水) 00:00:01_
  2. 2020年~
  3. _ comment:0
全体の感想

今年の上半期は、映画館に一度も行きませんでした。
まあご時世のこともあるけど、私には家族のことで・・・。

今もまだ仏事は続いているし、いろいろな事後作業に追われています。
でも、まあ、このブログの更新を再開した日からは
映画も見るようになって、Amazonビデオを見たり、セルも数枚買いました。

また、昨年見たそれぞれの番組に影響されて
ヒッチコックとヘップバーンの再見をしようと決めて毎月一本ずつ見ているので
この半年間は殿堂入りの洋画をたくさん見ました。

下半期は映画館に行けたら嬉しいです。
一度飛び飛びの席を見て見たいです(笑)。

今年も全体的に洋画・邦画ともに「◎」くらいのが多くて
抜きん出た作品は少なかったけど、駄作もあまりなくて
自分的にはそんなに悪くなかったと思っています。

以下、上半期 なので、簡単に各順位と、
それぞれに ひと言だけを、書かせて頂きます☆  (各項目、50音順)




 




≪ 邦画 ≫

初見邦画 「☆」この半年ではゼロ



「☆◎」は2本

◇君の膵臓をたべたい(アニメ版)  私なりに楽しんで見られました♪
◇響 -HIBIKI-  すごく面白かった☆



特別賞

「いやに何回も見ているで・賞」  女優:長澤まさみ  



初見邦画 ワースト

いまいちなのはありましたが、
この半年間で「△」以下の作品は1本もありませんでした。



再見邦画 ベスト  殿堂入りは、順位には入れません

「空の青さを知る人よ」  まあ8ヶ月での再見なので、数に入れて良いかどうか分かりませんが・・・。



*************************************



≪ 洋画 ≫

初見洋画 「☆」のみ

評価トップ(☆)は上半期で合計3本でした。 

◇奇跡の絆  私は好きです☆
◇キリング・フィールド  やっと見られたという感じ、良かったです。
◇ザッツ・エンタテインメントⅢ  「Ⅰ」と同じくらい良かったです♪



特別賞

「やたらと何本も見たで・賞」  映画監督 エリック・ロメール
「やっと見られて、本当に嬉しかったで・賞」  映画作品 「カーリー・スー」



初見洋画 ワースト3  ここのみ、悪評価順

◇オーロラの彼方へ  良さげな顔をしていて、悪質。
◇美しすぎる母  何とも言えない、映画化しなくて良い事実の代表。
◇ローズの秘密の頁(ページ)  反則の塊。



再見洋画 ベスト  殿堂入りは、順位には入れません。

良いのをたくさん見たけど「☆」は一本もなかったです、残念!



下半期も良い映画に出会いたいです♪  感謝です☆





<<5-1936  ラスト・ラン / 殺しの一匹狼 | BLOG TOP | 2020年6月の映画鑑賞の記録>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2020 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -