fc2ブログ
  • 2024_02
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2024_04

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


5-1921  ネイビーシールズ ナチスの金塊を奪還せよ!  

  1. 2020/06/10(水) 23:00:00_
  2. その他の外国人監督作品 さ行
  3. _ comment:0
RENEGADES  (ネイビーシールズ ナチスの金塊を奪還せよ!)
2017年フランス / ドイツ

 
ネイビーシールズ ナチスの金塊を奪還せよ










 
.


2020年6月10日(水)  BS民放

監督  スティーヴン・クエイル  
出演  サリヴァン・ステイプルトン  チャーリー・ビューリー  シルヴィア・フークス

感想
どうせ駄作系?と思って見たから、
けっこう面白かった。


ただ、水の中の映像がいまいちわかりにくくて
誰と誰がどうなっているのか?
だいたいは話の流れで分かったけど、もうちょっと見やすくしてほしかった・・・
夜だったので暗いしね。

1995年って、今更思うと戦後50年だったんだよね・・・驚くわ、
それからもう25年、4半世紀経っていて、
この作品がその時を選んでいてよかったよね、
あのどろどろの戦争(内戦から民族浄化へ)嫌だったからね・・・

それをこういう面白おかしく、まあありえない系で
良かったんじゃないの?ベッソンさんだもんね!


あの「セッション」のおっちゃん、
あれ以来いい人役しか見ないなあ(笑)。


最後の最後のシークエンスはけっこう好き☆
ただこの映画、最初の緊迫したそのときの様子でちょっと怖すぎて
見るのが遅くなりまして、まさかあんなに短かったなんて(祖父が子供時代のこと)。

あと、ああいう女性ねえ・・・彼を好きだったんだろうか?
ま、自分からだからどうでも良いけどね。


期待が低かったので、まあ普通評価で
何よりも吹き替えだったので
非常に楽に見られました!






この映画の結末

事実を知った上司の少将が間に合い、
敵を全部殺し、もともと彼女に頼んでいた(民間協力者)
ということにして、大々的に元々のフランスへ返す儀式をする。

そのあとに、彼らには3000ドルくらいずつやって
彼女には全金額の半分をやる。

彼らも自分の分を全部彼女にやる。
良い上司だった!

「さあ、みんな、おごるわよ」
その笑顔と、皆の姿を俯瞰して終わり。




<<5-1922  奇跡の絆   | BLOG TOP | 5-1920  青いパパイヤの香り>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 


ご挨拶

2021年2月から新ブログ「スクリーンのこちら側から・・・」に記事をアップしています。 このブログは今後も月に一度のまとめ記事をアップし続けます。 

このブログの検索フォームです

カテゴリです❀

1975年からの記録

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2024 03  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -