FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


5-1922  奇跡の絆  

  1. 2020/06/11(木) 23:00:00_
  2. マイケル・カーニー
  3. _ comment:0
SAME KIND OF DIFFERENT AS ME  (奇跡の絆)  2017年・アメリカ



奇跡の絆




 
.


2020年6月11日(木)  ザ・シネマ

監督  マイケル・カーニー  
出演  グレッグ・キニア  レニー・ゼルウィガー  ジャイモン・フンスー

感想
「友罪」をアップした日に見て、その感想がつながっているかのようで・・・
そして今現在のアメリカで起こっているあの事件とそれに対するデモ等
この映画を見ろよ!とか言いたくなってしまって・・・


何というか、つながっている? 
見るべき時に
この劇場公開されなかった作品が、
私のところにやってきた感じ。



昨年義父を、先日母を、見送った私にとっては
「この世は皆ホームレス、帰る場所に向かって苦しみの中を歩む」
というのが、本当にそのまんま受け入れられて、

それぞれの試練の人生を80有余年歩んで、
今は懐かしい人達との再会も済ませて、
私たちを見守ってくれている・・・心からそう思えるからね。。。

この映画の中で一番グサッと来たのは
葬儀の教会に来たクララが、息子を連れていたこと・・・
それは「キレイごとではなく、デビーが奔走して
クララ自身も頑張ったから」だと、その様子が描かれていなくても分かったこと・・・。

「宗教映画」と書いてあって笑ったけど、
このご主人の俳優さん、どこかで見たと思ったら、
同じ宗教映画(笑)の「天国はほんとうにある」で見たんですよね(笑)。

まあ、何はともあれ、事実を映画化しているので
エンドロールで、誇張がほぼないと分かったけど、
この映画は、見ても受け入れない人も多いと思うし、


日本で公開できなかった理由もよく分かるけど
私にとっては、
今年2本目の「☆」評価の作品でした。



追伸:
書き忘れましたが、役者さんは皆さん良かったです
ジョン・ヴォイドさんは、若い頃と全然違って、
こうなっていったんだなあ・・・と、感無量

若い二人も良かったし、
レニーさんは今まで見たことない役柄で仰天したけど
夫さん役の俳優さんも、デンバーさん役の俳優さんも
みんなうまかったよ☆




この映画の結末

エンドロールは事実を映して進む。

デビーの死後、一度はデンバーから離れたロンだったが、
デンバーに励まされ、父親と和解し、本を書き上げた。

テレビに出た後、9年間、2人で公演に回り
ホームレスの支援をし続けた。

2012年にデンバーは、戻って行った。

家族4人の写真もあり、
デビーは普通の母親で妻だったとハッキリと分った。





<<(1-160)  おしゃれ泥棒  (殿堂入り) | BLOG TOP | 5-1921  ネイビーシールズ ナチスの金塊を奪還せよ!  >>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2020 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -