FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


5-1893  テンタクルズ

  1. 2020/04/02(木) 23:30:00_
  2. その他の外国人監督作品 あ行
  3. _ comment:2
TENTACLES  (テンタクルズ)  1977年・イタリア



テンタクルズ




 
.


2020年4月2日(木)  BS民放

監督  オリヴァー・ヘルマン
出演  ジョン・ヒューストン  ヘンリー・フォンダ

感想
これは昨年見た「グリズリー」と同じで
昔から知っていたけど見逃していた作品で
見られたことは良かったです。

・・・しかしひどい作品で(笑)。

まあ、大らかな70年代を知るモノとしては
(「グリズリー」で慣れたこともあって)
そんなに目をむくこともないです(笑)。

悪意は感じなかったけどね、

・やっぱり名前のある俳優のヒドイ経歴と

・子供が死んだり赤ん坊が死ぬのに(多くの大人も)
何の反応もない事や

・音楽があまりにも酷いことや
(音楽で誤魔化すとはこういう事です、2作目・・・「ゼロ・グラビティ」以来)

・タコが多分本物で、シャチも多分本物で、映し方のトリックだけど
まあCGのない時代で仕方ないとはいえ・・・。

と、悪いことしか書けませんが、
酷いけど、怒れない、って感じかな?

77年当時の宣伝はすごくて、あれは嘘だったなあと思いました。
真実の主人公の人は、あまりよく知らない俳優さんですが、
フォンダさんとヒューストンさんは、要らないような役柄でしたね(笑)。





この映画の結末

結局、人間ではなくシャチにやられてタコは死んだ。
シャチたちは戻ってきて「次は山に行こう」と
言い合っている博士たちの船についてきた。




<<シャーロックホームズの冒険  第38話  金縁の鼻眼鏡 | BLOG TOP | シャーロックホームズの冒険  第37話  瀕死の探偵>>

comment

パッケージの絵が

  1. 2020/06/03(水) 08:15:09 |
  2. URL |
  3. 宵乃
  4. [ 編集 ]
めちゃくちゃカッコいいですね!
これで宣伝も大々的にやったのなら騙された人も多かったのでは。…かわいそうに(汗)
「ジョーズ」がヒットして、とにかく何も考えずに便乗したんでしょうね。
それくらい気軽にたくさんの映画がつくられていたのは、ある意味羨ましいです。中には低予算ながら面白い作品もあったでしょうし。
誰か予算の使い方に意見できる人がいれば、これももう少し面白くなっていたかも…

Re: パッケージの絵が

  1. 2020/06/03(水) 09:15:00 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
宵乃さん、おはようございます☆

> めちゃくちゃカッコいいですね!
> これで宣伝も大々的にやったのなら騙された人も多かったのでは。…かわいそうに(汗)
> 「ジョーズ」がヒットして、とにかく何も考えずに便乗したんでしょうね。

コメントを有難うございます☆

そうですね、次から次でしたね、よく覚えているのは
熊の「グリズリー」とタコのこれだけですが・・・他にもあったかも?(笑)

「グリズリー」を昨年やっと見たら、恐ろしい熊ではなく
ディズニー実写版のくまさんみたいで(笑)。

いつか鑑賞されたら、是非お楽しみください?
・・・でも、可哀想という事もなかったような?
あの頃はなんというかうまく書けませんが、大らかな時代でした(笑)。

> それくらい気軽にたくさんの映画がつくられていたのは、ある意味羨ましいです。中には低予算ながら面白い作品もあったでしょうし。
> 誰か予算の使い方に意見できる人がいれば、これももう少し面白くなっていたかも…


そうですね、動物虐待についても90年代頃からいわれてきたような気がしますし、
50~60年代のちゃっちー感じもなく
70年代の映画は、低予算でも面白いのが多分沢山あると思います☆

自分的にも思い当たる映画があって、今ごろ初見したら
全くダメでも、あの頃だったから、自分も若かったから良かったと思ったんだと思います☆

そうですね、この映画はあの二人にお金をかけずにいれば・・・
でもあの二人の名前で呼んだんでしょうしね・・・
そうか、一人にしておけば良かったんだ!(笑)


.
 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2020 07  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -