fc2ブログ
  • 2024_02
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2024_04

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


(1-511)  生きる  (2回目)

  1. 2011/02/24(木) 23:00:00_
  2. 黒澤明
  3. _ comment:0
再見  生きる  1952年・日本



生きる BD





 
.


2011年2月24日(木)  日本映画専門チャンネル

監督  黒澤明
主演  志村喬  (渡辺課長役)

感想
目を付けるところが違う。
第一に、親があんなに子供を想うだなんて、あの頃の私には頭でしか分かっていなかった。
その深さも、全然想像も出来ないモノだった。

でも子供が親を思い違いして、親が本心を言えないところが悲しくて、
私も息子には言いたい事言わない事が多いからね、分かるよね、
でも生き死にの事をそんなふうには言えないよね・・・。

あと、人のお通夜に来て悲しくもない奴らが、
世間話して笑って飲み食いしているのが、身につまされた。

役所って今は違うよね?たたかれるものね、マスコミに。

あの美しい目は、怖いんだよね、ちゃんとしていない人には。

死ぬ事が怖いんだよね、普通の人は、
何もしていないと思うんだよね、生き急ぎたくて、何かしたいんだよね。
私はもうこの世での未練は何もないから、今は余生だから。

医者がああいうこと言うか~?最初のところ、信じられない、
看護婦やら部下に、あの人どう思うだなんて、今までもきっとそう言われたんだとそんな風に思うよ。

どちらにしても人間は空気読む事が一番大事な事なんだよね。
それが絶対に出来ない人間は、生きている価値がないよね、分かろうともしないだなんてね。

得てして、家族以外の人が、本当の事を、垣間見ていたり、一部知っているんだよね、
それをつなぎ合わせる為の、お通夜の描写かな?

やはり違った、心ある人は一人だけだった。
彼が見る新公園、遊ぶ子供たち、「ご飯だよ」の言葉と夕空・・・下向いて歩かないでほしかった。

彼女がネタばれすれば良かったのに、あれから赤の他人か? 葬式にも来なかったのか?

******************************

やっとのことで再見。
昔とは目を付けるところが違ったけど、まぁ間違いなく名作ではあると思うんだけど、
色々な意味で、今の私には見ているのが辛い作品。
“人間にとって一番大切なことが、分かったような気がするで・賞”



初見時感想はこちら  →  生きる(52・日) ・・・ 2-511 





<<2月の「ブログ DE ロードショー」の感想 / 次回のお知らせ等 | BLOG TOP | 2-962  小説家を見つけたら>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 


ご挨拶

2021年2月から新ブログ「スクリーンのこちら側から・・・」に記事をアップしています。 このブログは今後も月に一度のまとめ記事をアップし続けます。 

このブログの検索フォームです

カテゴリです❀

1975年からの記録

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2024 03  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -