FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


2-995  いつかギラギラする日

  1. 2011/03/16(水) 23:00:00_
  2. 深作欣二
  3. _ comment:0
いつかギラギラする日  1992年・日本



いつかギラギラする日




 
.


2011年3月16日(水)  日本映画専門チャンネル

監督  深作欣二
主演  萩原健一

感想
深作映画の悪い点が全部入っている、見るに堪えない描写が多い、
「あずみ」の方がよっぽどマシ。
関係ない人いっぱい殺して、なんだって言うの???

荻野目慶子もこんな作品に出る為に監督と寝るなんて、それだけの女って事だしね。
今ならR指定(公開当時もでしょうね?)つくだろうし、
特に最後の方のメチャクチャな、関係ない人巻き込む描写だけで、この映画は0点。

あと萩原が珍しく悪いけど悪い中でもマシな役で、
木村一八のどれだけ酷かった事かと思うね~。

れんじとか、きききりんとか、たきがわゆみとか、その他色々と
重要なチョイ役の人の使い方はうまくて良い。

しかも「最後死なないし、女も笑うし、
銀行見て笑って
」終わり、あぁ~ダメだこりゃ。

“どうしようもない映画で・賞”




<<2-996  マーシャル・ロー | BLOG TOP | 2-994  潜水服は蝶の夢を見る  (旧gooブログの記事)>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2019 06  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -