FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


5ー1786  ショック療法  

  1. 2019/10/19(土) 23:00:00_
  2. その他の外国人監督作品 あ行
  3. _ comment:2
「秋の夜長のミステリー企画」 への 参加作品です。



この作品の記事で、今年の秋の夜長のミステリー企画の記事は終わります。
なお、記事にはしなかったけど、あと2作品、とっても残念だった作品を見ました。
「初見・誰かに見られてる」「再見・破線のマリス」です。

今年の秋の夜長のミステリー企画は(自分的には)6作品で参加しました、
とっても楽しかったです、有難うございました☆



TRAITEMENT DE CHOC  (ショック療法)  1972年・フランス



ショック療法




 
.


2019年10月19日(土)  ザ・シネマ

監督  アラン・ジェシュア
主演  アラン・ドロン

感想
まぁ、大スターだからドロンの映画だけど、
主人公はあの女性ですよね。


ミステリーとしては、まぁ普通というか
想像した通りの(少しエグイが時代的に仕方ない)
謎解きでビックリもしないんだけど、


この映画の良いところは、
子供が出ていなくて、どんなことも個人主義のフランス人らしい作品で、
作る人も出る人も皆納得していたんでしょうし、

時代的にこれが正解というか、
これ以上綺麗にもスムーズにもいかないのが普通で、
それで良いと分かって見るところだと思います☆

大昔からタイトルを知っていたのは
やはりドロンの映画だからでしょうね。

何回も書くけど、私は好きではないし、
どうでも良いんだけど、
多くのファンの人を見てきたからねえ(笑)。
(ネットのない時代、友達や、雑誌の中での話です)

主人公や患者の人たちはお金持ちなので
裸のような格好の多い中、
普通の服装になると、さすがに「やっぱりお洒落だなあ」って感じ。

アマゾンの絵の付いた本や、それを想像させる音楽が良かった。
実際にああいうことしている割りには冷静な人間たち・・・


そのあたりのリアル感の乏しさも、(シュールな感じ?)
この映画の場合は良い方に働いていたみたい(笑)。



そういうわけで、特に良くはないけど、
別にNGもないので、ミステリー企画には良い作品でした☆





この映画の結末

院長は死に、主人公は逮捕された。
ポルトガル人の遺体は未発見とのこと。

警察署に向かう車の中、警察幹部が「自分もここの治療を受けている、
今後もベルナール先生に続けてもらう」と。

すれ違う車、大勢のポルトガル人の若者を乗せて、
あの病院に入って行った。





<<5-1787  勝手にふるえてろ | BLOG TOP | (2-103)  破線のマリス  (2回目)>>

comment

すごいタイトルですね

  1. 2019/10/27(日) 13:12:58 |
  2. URL |
  3. 宵乃
  4. [ 編集 ]
アラン・ドロン主演ですか~。ぜんぜん知りませんでした。
医療系?でも地雷じゃなかったのは良かったですね。それなりにミステリー企画に合ってたようだし。今回も企画を楽しんでくださってありがとうございました!

ちなみに、「誰かに見られてる」ってリドリー・スコット監督のやつですよね?
もうまったく覚えてませんが見た当時は好感だったようで(汗)
いちおうURL欄にリンク入れときます。

宵乃さん、こんばんは☆

  1. 2019/10/27(日) 19:42:36 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
コメントを有難うございます☆

Re: すごいタイトルですね
> アラン・ドロン主演ですか~。ぜんぜん知りませんでした。

現在50歳代以上の人は多分みんな知っているタイトルだと思います。
私は今回までご縁がなかったけど、ファンの方はもっと早く
鑑賞されたと思います(笑)。

> 医療系?でも地雷じゃなかったのは良かったですね。それなりにミステリー企画に合ってたようだし。今回も企画を楽しんでくださってありがとうございました!

ハイ、全然地雷ではなかったです(笑)。
ただし今目線で見てはなりませぬ(笑)。

本当に楽しい企画を有難うございました♪

> ちなみに、「誰かに見られてる」ってリドリー・スコット監督のやつですよね?
> もうまったく覚えてませんが見た当時は好感だったようで(汗)
> いちおうURL欄にリンク入れときます。

あ、記事があったんですね!!!
読ませていただきました☆

>「刑事の妻として、これ以上ふさわしい女がいるか?」と言わんばかりの振る舞いに痺れてしまいました。
>こういう見方はちょっとズレている気もしますが、個人的に彼女の映画だったと思います。

仰る通りですし、彼女の映画として見るのが一番の見方だと思います☆
私自身は彼女のこともいまいちだったんですが、
登場人物の中では唯一の筋の通った人間でした、ハイ♪

宵乃さんが今はもう覚えていらっしゃらないとのことですので、
私の記事は順番が来てからアップしますね~。


.
 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2019 12  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -