FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


5-1765  彼女が目覚めるその日まで

  1. 2019/09/11(水) 23:30:00_
  2. その他の外国人監督作品 さ行
  3. _ comment:0
BRAIN ON FIRE  (彼女が目覚めるその日まで)  2016年・カナダ/アイルランド



彼女が目覚めるその日まで






 
.


2019年9月11日(水)  シネフィルWOWOW

監督  ジェラルド・バレット
主演  クロエ・グレース・モレッツ

感想
映画として特別に良いとは思わないけど、
多分、事実を映画化するって、こういう映画がベストなんじゃないかなあ?と
うまく作ったなあと思いました。

主演の子、嫌いだったんだけど、昨年?見た他の映画も良かったし、
すごくうまくなってきているし、
この映画では、実際、病状が進むのが、母親目線で
少しずつ少しずつ娘が変わってゆく・・・
ものすごく上手に演じていました!

しかし、この世の中には分からない病気が多くてね、
特に自己免疫疾患は、まだ全然わかっていないんじゃないの?って思いますね。。。

もしかして、今までの長い歴史上、精神疾患で死んだことになっている人の中で
多くて50%くらいは、誤診じゃなかったのかなあ?と真剣に思いますよね・・・。

私も知っている筋ジスと言われていたあの子、
もしかしたらとか思っちゃうよね・・・涙。

でも、どうして炎症が画像に映らないんだろう?
そこが一番怖いよね、誤診の山、分からないことだらけ。

この子は運が良かったとも、家族の祈りのおかげとも思わない、
それは、こうして世に出すためにそうなっていたんだと思うよ。
これからの人生、長く健康でありますように・・・。

怖い映画でもありましたが、実両親もそのパートナーも
彼氏も、みんなそれぞれに愛してくれていて、
何よりも自分を愛しぬく気持ちが、素晴らしかったです!

事実の彼女に幸あれ!
クロエさんもお上手になって良かったね!





この映画の結末

彼女の病気は超珍しいもので、博士のおかげでうまくいき、
リハビリの後、職場復帰して、プライベートもうまくいっている。
自分の手記を書くようにと上司から勧められ、この映画につながった。

エンドロールでは、事実の彼女のその後を。
2015年にはステイーブンと結婚し、
あの博士とは今も連絡を取り合っている。
博士は、脳関係の特殊な医院を開いて成功している。




<<5-1766  陰謀のスプレマシー | BLOG TOP | 5-1764  赤ちゃんはトップレディがお好き>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2019 11  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30