FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


5-1757  太平洋の翼  

  1. 2019/09/04(水) 23:00:00_
  2. その他の日本人監督作品 ま行
  3. _ comment:0
太平洋の翼  1963年・日本



太平洋の翼





 
.


2019年9月4日(水)  日本映画専門チャンネル

監督  松林宗恵
主演  三船敏郎

感想
まぁ、娯楽とまではいわないけれども、
日本人の中の「戦争を頑張って戦ったんだぞ」という
決して戦争容認ではないけど、
そういう気持ち・・・ついこの前・・・20年弱前っていうのは
大人的には懐かしさが非常に強くなる時間の経ち方で、


今現在は「絶対に戦争はダメだ」としか言わないけれども、
この映画の公開当時の大人に向けて、
「俺たち皆で頑張ったよな」的なノスタルジックな作品
なんだろうなと思いました。



星由里子が出てきたところだけが
若大将シリーズを思い起こさせて、がっかりしました。
他の女優さんならそこもクリアだったかもしれないから、残念です・・・。

三船さんと加山さんが主演のようですが、
藤田さんもしっかりと出ていたし、
佐藤さんや渥美さんの役回りが素晴らしかったですね。

名もない俳優さんたちが、ひとつひとつの戦闘とも言えないような
小さな小競り合いでも命を落としてゆく・・・
それがリアルさを感じさせて、怖かったです。


今年は短い期間に
「戦艦大和」「アルキメデスの大戦」「太平洋の翼」と
3本、大和の出てくる作品を見たけど、
現実的には「戦艦大和」という映画が
一番実像を現わしていたように思いました。

(まぁ、当たり前か!笑)


最後の加山さんの気持ちが、1945年当時の日本人の感覚に
一番近かったのかもしれないね・・・
それを受け止める側のアメリカさんの飛行機にも命が乗っていたのにね・・・。

「原爆を落とされる前に、やめることは、できた」と、
私たちは思うし、言うし、そういう映画を作るし、見るけど

今現在の日本人に、
当時の天皇以下、上層部も含めて、
全日本人への断罪は絶対にできないと、私は思います。





この映画の結末

この映画の公開当時の海、太平洋に漁業の船たちが出てゆく
小さな港・・・子供たちが(私と同じ2歳の女の子もいる)見送る。

三船さんの声で「今は平和だ、静かに眠ってくれ」と、
英霊に対しての言葉があり、終わりマーク。





<<5-1758  アイム・ノット・ゼア   | BLOG TOP | 5-1756  ニュートン・ナイト  自由の旗をかかげた男>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2019 10  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -