FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


5-1753  真田幸村の謀略

  1. 2019/08/29(木) 23:30:00_
  2. 中島貞夫
  3. _ comment:2
真田幸村の謀略  1979年・日本



真田幸村の謀略




 
.


2019年8月30日(金)  BS民放

監督  中島貞夫
主演  松方弘樹

感想
オールスター饗宴の豪華絢爛時代劇とか書いてあったから見たのに、
これは時代劇ではありませぬ(笑)。

SFでしょうね?
まあ史実も少しはあるんだろうけど、
ラストと言い、一応嘘ばっかりみたいな?

それでも巨大隕石や、
真田十勇士の登場でのまんが?表現とか、
いろいろと面白く見ました。

あまり難しく考えると面白くない映画だと思います☆
そうそう、真田丸という名前の意味知らなかったので
勉強になって良かったです!

松方さんはじめ、多くの物故者や、今ではあんまり見ない俳優とか
すごくそういう意味では見応えがあって良かったです♪





この映画の結末

家康は、幸村に首を切られ、幸村は銃で殺された。
犯人は、庶民の味方、あおい輝彦だった!

家康の死は一年間伏せられ、病死という事になっているとのこと。




<<2019年8月の映画鑑賞の記録 | BLOG TOP | 5-1752  溺れるナイフ>>

comment

  1. 2019/09/27(金) 15:48:19 |
  2. URL |
  3. ポール・ブリッツ
  4. [ 編集 ]
わたしは昔、テレビの放送で見て「なんじゃこりゃ」と。(^-^;)

おそらく、監督と脚本家の頭には、「講談」と「立川文庫」と「NHKの人形劇」が仮想敵として存在したんじゃないかな。あれみたいな「荒唐無稽」な映画を作ろうとして、できた映画が「支離滅裂」なものだった、という。企画段階で出てきたアイデアを見境なしに全部ぶち込んじゃったんじゃないかなあ。

中島監督は、深作監督の盟友だったらしいことも考えると、深作監督の「魔界転生」は、この映画に対するアンサーだったのかもな、とか思ってます。

ポールさん、こんばんは☆

  1. 2019/09/27(金) 18:07:56 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
コメントを有難うございます☆

> わたしは昔、テレビの放送で見て「なんじゃこりゃ」と。(^-^;)

ほほほ・・・仰る通り「なんじゃこりゃ」ですね!

> おそらく、監督と脚本家の頭には、「講談」と「立川文庫」と「NHKの人形劇」が仮想敵として存在したんじゃないかな。あれみたいな「荒唐無稽」な映画を作ろうとして、できた映画が「支離滅裂」なものだった、という。企画段階で出てきたアイデアを見境なしに全部ぶち込んじゃったんじゃないかなあ。

仮想敵(笑)。
でもNHKの人形劇に対抗というのは分かる気がします!

> 中島監督は、深作監督の盟友だったらしいことも考えると、深作監督の「魔界転生」は、この映画に対するアンサーだったのかもな、とか思ってます。

中島監督は・・・仕方ないというか(笑)。
でも貫いている感じはありますね!

「魔界転生」も最近再見しましたが、見る順番が反対ならそう思えたかも?
今となっては、ちょっと難しいです(笑)。

この映画を劇場で堂々と公開するという、
素晴らしい時代でした☆


.
 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2019 11  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30