FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


5-1752  溺れるナイフ

  1. 2019/08/29(木) 23:00:00_
  2. その他の日本人監督作品 や行
  3. _ comment:0
溺れるナイフ  2016年・日本



溺れるナイフ




 

.


2019年8月29日(木)

監督  山戸結希
主演  小松菜奈  菅田将暉

感想
この前見た映画で、それまで好きではなかった菅田将暉が
けっこう良かったので、BS3だし、録画して見ました☆

見た後で調べたら、これも漫画原作だそうで、
若い人が見る邦画はもう全部そうなんだろうか?と
悲しくなりますね・・・。

原作を知る人には物足りない作品だと思います、
それは昔から同じでしょう(笑)。

内容については、あんなことが1回目はともかく
2回目があってはならないので、
親は何をしていたのか?と思うばかりで、
親目線では見られないから、つまらないから、

私にもあった若い頃のことを顧みて・・・
あの全能感とか、一生分の恋とか、相手をお互いの神さんにするとか
そういうことは、すとんと納得できたので、
そこまでですね。

役者については、小松さんはあまり知らなくてあの
「目」の感じが男性や若い子には人気なのかな?
モデルさんみたいな気がするけど、
女優になって大成するのは・・・難しそう?

菅田将暉は、まあまあでしたね。
ただ、「こう」という役柄は、なかなか他の俳優では
良くなかったのかもしれないですね?

可哀想なかなちゃんの役柄の、一発屋は
ヘタとは思わないんだけど、こういう役柄しか回ってこなくて
仕方なかったんだろうけど・・・お気の毒で
でも、将来、小松とどっちが残っているかと思えば
今後も頑張れるかな?

あのさわやか青年は、最近よく見る顔だよね?
ジャニーズだろうね、まあまあでした。

ちょい役の堀内さんミッキーさん良かったです。
市川さんはうまいだけに、ステージママのバカさ加減が
何というか・・・しみわたりますよね、
最初に書いた通りですが、親目線では見られない作品です。

最近の若者について知る勉強になりました。
見て良かったです。



※追記
この映画は、タイトルバックの美術と
あちこちでかかる音楽(歌)が非常に良かったです





この映画の結末

数年後、女は女優として大成する。

心の中には「こう」が神さんとして生きている。

きっと「こう」も、そうなんだろう。

スクリーン上の役柄が、あの頃の二人に置き換わり、
エンドロールへ。




<<5-1753  真田幸村の謀略 | BLOG TOP | 5-1751  世界一キライなあなたに  >>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2020 04  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -