FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


5-1735  穴  1960年版

  1. 2019/08/05(月) 23:00:00_
  2. ジャック・べッケル
  3. _ comment:2
LE TROU  (穴)  1960年・フランス



穴 1960年版






 
.


2019年8月5日(月)  ザシネマ

監督  ジャック・ベッケル
出演  ジャン=ケロディ  フィリップ・ルロワ  ミシェル・コンスタンタン  マルク・ミシェル  レイモン・ムーニエ

感想
これはビックリ仰天!
すごい良い映画だった!
息もできないほど、見て見て見まくった感じ。

こういうのが上手な映画作りなんだろうなって思いました。
終わってから、何で、何が、どうして、等々考えさせられるし、
ジョゼ・ジョバンニさんの実体験の小説家らしいけど
事実はどこまで?とか思うよね?

音が深夜にしないんだろうか?とは思いましたが、
時代がね、戦争直後でずさんだったろうしね・・・

前に見たロバの映画の監督のあれよりももっとずっとぐっときたのは
あれも事実らしいけど
あっちは最後に看守を殺したからイヤだったのよね・・・

しかし、ジャック・ベッケルって私的には「モンパルナスの灯」の人だったんだけど
今年は「肉体の冠」もあって、監督賞だな、これはって感じ。

あの女優、チョイ役で若かったけど、キレイな事は同じだったね。

俳優陣は知っている顔もあったし、分からない人もいたし。

そうそう、所長なる人物は、上手なのかな???
イミフ。
でも、人生を甘く見ているあの新人ガスパール・・・
結局、独房だろうが、帰宅しようが、いつもどこにも何もない、
ふわふわして生きるような気もします。

とにかく、良かったです。
今年4本目の「☆」です。





この映画の結末

前日の面接で署長は見抜いて、全員つかまる。
若者だけ、独房へ。
あとの4人は逃げなかった人も含めて裸にされ
他に連れて行かれる。

その中の一人が最初に出てきた人で、
あとの人がどうなったのかは分からないが、
死んではいないと思う。

とにかく、つかまるときの、その数秒が、ものすごく怖かった!





<<5-1736  オースティン・パワーズ | BLOG TOP | (1-455)  魔界転生  (2回目)>>

comment

  1. 2019/09/12(木) 12:58:45 |
  2. URL |
  3. ポール・ブリッツ
  4. [ 編集 ]
「穴」はハヤカワポケットミステリから邦訳が出てまして、「東西ミステリーベスト100」の堂々の198位です。浪人中に下宿先の松戸の図書館で読みました。

企画が続いていれば再来年当たり再読することになるでしょうが……あるかなあ茨城県内の図書館の蔵書に(^^; 

ポールさん、こんばんは☆

  1. 2019/09/12(木) 17:54:59 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
お出ましいただいて、有難うございます☆
映画はとても良かったですよ♪
きっと、原作本なのでしょうね~?

是非、機会があれば、映画もご鑑賞くださいね~!


> 「穴」はハヤカワポケットミステリから邦訳が出てまして、「東西ミステリーベスト100」の堂々の198位です。浪人中に下宿先の松戸の図書館で読みました。
>
> 企画が続いていれば再来年当たり再読することになるでしょうが……あるかなあ茨城県内の図書館の蔵書に(^^; 
 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2019 10  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -