FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


5-1685  ミケランジェロ・プロジェクト

  1. 2019/05/28(火) 23:00:00_
  2. その他の外国人監督作品 さ行
  3. _ comment:0
THE MONUMENTS MEN  (ミケランジェロ・プロジェクト)  2013年・アメリカ



ミケランジェロ・プロジェクト





 
.


2019年5月28日(火)  BS3

監督・主演  ジョージ・クルーニー

感想
面白かった。
一度に見切って、良い映画だった。

マット・デイモンもすごく良かったけど
ケイトさん素晴らしかったね、今年の女優賞決定☆
ケイトさんって、何国人でも演れるし、ホントうまいんだわ!

あとの俳優さん達皆、すごく良かった、それぞれの役柄でぴったし。
これはクルーニーさんが俳優仲間を今までずっと見てきたおかげだと思う。

ただ、明るめの音楽や酷い戦闘がないので、
忘れがちだけど、これはWWⅡ、死人が出て初めて分かったりして?

半年くらい前にルーブル美術館からモナリザをはじめ
多くの美術品を、ナチスが着く前にパリから出して隠した
ドキュメンタリー番組を見たので(過去については、写真等で構成)
この映画のその作戦のやり方も分からんではなかったので
見やすかった・・・ただ、ルーブルではあんなにうまくいったのに
遅かったんだよな、っていう気もしました。。。

それは今から言っても仕方ない事だけど
ベルギーとかもうちょっと早くやっていればね・・・

けっこうあの祭壇画とあの母子像を中心にしてあったけど
ラファエロの消えた絵の事も想像で燃やして泣けました。
「世界の名画」とか「美の巨人たち」で見たことあるあれこれで胸が痛みました。

あと、ソ連の正体がちらほら・・・(笑)。
最後らへんはドキドキしたねえええ・・・。
やはりどこをどの国が見るかが決まっていたんだけど
結局冷戦は、終戦後ではなく、
この終末期のヨーロッパですでに始まっていたってことだね!

ラストシーンはすごく良かった!
自分的に77年って高2で何もかも覚えている頃で、
こんなことが世界の片隅であったって知ってきゅんとしました。

クルーニーさんが監督さんですか・・・まあまあだったけど
この作品が良かったのは、原作が良かったのと
(誰もが知っている)事実を主に描いていたからで、
フィクションを撮ってこその映画監督だからね、頑張りたまえ(笑)。

そうそう、予告編を見ていたので期待していたんだけど
最近は裏切られるばっかりで、それを思うと
裏切られなかっただけで良しとしましょう☆





この映画の結末

1977年、ミケランジェロの聖母子像を
孫と一緒に見ている・・・帰ってゆく・・・その扉からの光で終わり。




<<5-1686  雨の日は会えない、晴れた日は君を想う | BLOG TOP | 5-1684  クリード チャンプを継ぐ男>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2019 12  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -