FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


5-1648  友だちのうちはどこ?

  1. 2019/03/19(火) 23:00:00_
  2. アッバス・キアロスタミ
  3. _ comment:0
KHANE-YE DOUST KODJAST?  (友だちのうちはどこ?)  1987年・イラン



友だちのうちはどこ?






 
.


2019年3月19日(火)  シネフィルWOWOW

監督  アッバス・キアロスタミ
主演  ババク・アハマッドプール

感想
見た直後は期待したのに良くなかったなあって思ったんですが
だんだんだんだん あったかいものが流れてきて、
良い作品だったと思えました。

あとでこの監督が良くなかった作品の監督と知り
ちぇっと思ったけど、まあ仕方ないかと。

この映画は、あの子がその子を探しに行く中で
イランの1987年を写し取っていて、
大人の一人一人の気持ちが痛く伝わってきて

特にお母さんが怒らずに
夕食を運んでくれたことに胸が痛く痛くなり
その直後のあの風と、洗濯物をただ拾い片付ける姿に
生きるとはそういう事なのだと思い知りました。

あの子がよそのお爺さんが教えてくれたのはその子ではない
同じ苗字の別の子の家だと分かった時に
お腹にノートを隠すのが、一番泣けました。
そういう思いやりと言うか、気持ちって
私たち人間が絶対に持って生まれたものなんだと信じるからです。

そのお爺さんの一人語りにイラッとしたんだけど
あの家でのこぎりを引く姿に、生きるとはこういうことだと
目で知らされたように思いました。

お父さんの所作は悲しかったけど、叱らなかったのには
お母さんのフォローがあったんだと思えます。

お兄ちゃんも赤ちゃんもおじいちゃんも愛されて
愛して貧しくても・・・多分日本の1940年代?
この映画からもうすでに30年以上経ってるから
かの国も いろいろと変わっているんだろうなとは思いますが・・・。

その子は退学と恐れ下を向いていたけど
恐らく朝になってもう1冊にも宿題をして遅刻したあの子の想いが届いて
押し花は昨日の全ての人への感謝のように思えて
きっと先生も本気ではなかったと思いたいし、
あったかかったです。

鑑賞直後は子供をダシにした大人の話と憤ったんだけど
だんだんだんだん分かったのは、大人にも子供にも
向ける監督の想い・・・だったように思います。

「ライク・サムワン・イン・ラブ」も見方が違えば
良かったのかもしれない?

あ、この映画を見たかったのは、「最初の午前十時の映画祭」で
ただ一本の未見作品だったからです。




この映画の結末

翌朝、遅刻してきた主人公があの子にノートを渡す
宿題がしてある、先生が採点する、
押し花を映して終わり。





<<5-1649  ブリッジ・オブ・スパイ | BLOG TOP | 5-1647  ムーンライト>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2019 12  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -