FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


5-1615  光をくれた人

  1. 2019/02/04(月) 23:00:00_
  2. その他の外国人監督作品 た行
  3. _ comment:0
THE LIGHT BETWEEN OCEANS  (光りをくれた人)  
2016年・アメリカ/オーストラリア/ニュージーランド



光をくれた人





 
.


2019年2月5日(火)  シネフィルWOWOW

監督  デレク・シアンフランス
主演  マイケル・ファスベンダー  アリシア・ヴィカンダー

感想
この監督とは合わないな、まあ仕方ない。
とにかく、バカ女の話ってだけでした。
自分が子供産めない体になったからって
他人の子供の母親の事を考えないか?
人でなし、それだけ。

大体最初から男を誘惑して、男も男だよな、
嵐の夜に一度も家の方を覗かないとか
誰もいないんだから鍵かける必要もないし
医者に診せたり実家に相談することは出来ただろう?
自分の実家の事をああいう風に言うのも変だし。

お前だけじゃないんだぞ、WWⅠの生き残りは、そうだろう?あん?違うのか?
弱虫め、バカ女の言いなりになって。
それに、当時、そういうことって灯台に伝わるすべはなかったのか?
問い合わせくらいあったのでは???

レイチェル・ワイズさんはやっぱり良い役柄でした。
大岡裁判にもあったよね、どっちが実の母親か、それを具現化していたよね?

子ども自身も自分に子供が生まれて初めてあの家を訪ねたのは、
そこで初めて分かったわけで、親がなくても子は育つっていうけど
結局大金持ちで、爺さんに助けられたんだろう?って感じだったな。

ま、とにかく、予告編見ていて期待したからもうがっくりさ。
私はこの監督作品で光と影の美しさを感じたことは一度もありません。

多分、そこへ目がいかないほど
人物描写が酷いってことだと思います。
時間を返せ、ばかやろう!

あ、私と似たような考えの方以外には
私の気持ちは分かってもらえないと分かっています。

あと、何故原題の通りにしなかったのか?
邦題には全く意味を感じません。
センスない、この邦題付けた人間、バカ。





この映画の結末

バカ女は1950年に死んだようだ、いじいじとしていた。
その後ルーシー・グレイスが訪ねてきて手紙を読んだ。
彼女には子供がいた。
また来るという、きれいごと(笑)。

男は裏庭で死んだような描写。
若死にだねえ、やっぱり犯罪者の末路だわね(笑)。












<<2009年2月6日から満10年です☆ | BLOG TOP | 5-1614  クロコダイル・ダンディー>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2019 12  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -