FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


5-1592  ハード・ウェイ

  1. 2019/01/11(金) 23:00:00_
  2. その他の外国人監督作品
  3. _ comment:0
THE HARD WAY  (ハード・ウェイ)  1991年・アメリカ



ハードウエイ





 
.


2019年1月11日(金)  BS3  

監督  ジョン・バダム
主演  ジェームズ・ウッズ  マイケル・J・フォックス

感想
これはあのシーンにどうしても耐えられない思いが強かったのと
その後の全てがとにかく長くくどく感じたので
「もう見たくない」というくらいの気持ちになりました。



以下、「忘却エンドロール」さんとのやり取り。

こんにちは☆
やっと見ました☆

>(ちょっとまたゲームシナリオの制作で忙しいので、イラストは春になったら追加します。)

イラスト、楽しみにしています☆

>途中からニックを本当の女性のように扱うようになって、店員にゲイの修羅場みたいに思われてたり。

いろいろなエピソードがありましたが、このシーンは本当に面白かったですね~!

>途中、本気でニックを追い払おうと「それはダメだろ」というタイプの罠にはめるんだけど、

ちょっとここ酷かったですよね~!
私はこのあとの全部が何となく「・・・」って感じでした。

>すべて信じた上で自分の意思で帰ってきたニックにホロリ…。さらに騙されてたと知ってショックを受けるところにも…。

お優しい!

>しっかり俳優としても人間としても成長してるのが伝わってきてジーンときました。

そういう風に受け止めれば良かったんですが
なんというかだんだんくどく長いし、
あの本職は監督さんがやっていた殺人鬼もあまりにもひどいなあって
感じがして・・・。(死ななくて良い人がたくさん死んだので・・・)

>冒頭から印象に残るあの看板の上が決戦の舞台だったとは(笑)

ビックリしましたね☆

>ラストのセリフパクリ問題もクスクス笑えて、気分よく見終われました。

きっとそうなるだろうと思ったけど、面白く見られました。

>あと、鑑賞後に知ったんですが、ジョンを演じたジェームズ・ウッズが役作りのために本物の刑事に密着するという、まさにこの作品のようなことをしていたというエピソードにもクスリ。その刑事さん、映画を見ながら「あれは俺のセリフだ!」とか言ってたんだろうか?(笑)

おお! それはそれは!
トリビアをありがとう☆

本当の警察官の台詞って、きっともっとフツーなんじゃないかなあ???
とは思いますが・・・。
.
2019/01/13 10:20 miri〔編集〕



>miriさん
いらっしゃいませ、コメントありがとうございます♪

> いろいろなエピソードがありましたが、このシーンは本当に面白かったですね~!

ですよね。マイケルさんがノリノリで!
だんだんと周りの目を忘れていく刑事さんも良かったです。

> ちょっとここ酷かったですよね~!
> 私はこのあとの全部が何となく「・・・」って感じでした。

あんまりにも受け付けない展開が入ると、その後が良くても気分が乗らなくなることってあると思います。私もこの下りはかなり心が冷えました。

> あの本職は監督さんがやっていた殺人鬼もあまりにもひどいなあって
> 感じがして・・・。(死ななくて良い人がたくさん死んだので・・・)

監督業の方が演じてたんですか!
悪役とは言え酷い奴でした。コメディにしてはかなり殺伐としてましたよね。
私はなんとか看板上の決戦で持ち返せましたが、主演の二人が好きだったからというのが大きいかも?

> 本当の警察官の台詞って、きっともっとフツーなんじゃないかなあ???

海外ドラマのCSIを長年見てきたおかげで、アメリカの刑事は常に上手い事言おうと決め台詞を考えてる印象です(笑)
テレビに出る機会が多そうですし、日本の警察よりはカッコいいこと言える気がします。

2019/01/13 14:13 宵乃〔編集〕





この映画の結末

殺人鬼は何とか死んだ。
スターは帰って行った。
主人公は女性とうまくいったようだ。

スターの最新作を試写会で署の皆さんと共に見ている。

すると、自分のセリフを盗られたと気付き、
悔しがっている。
終わり。





<<5-1953  ボヘミアン・ラプソデイ  | BLOG TOP | (ナンバーなし)  舞妓はんだよ 全員集合!!  (2回目)>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2019 07  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -