FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


☆ セブンス・サン 魔使いの弟子 ☆  (真冬のファンタジー企画参加作品)

  1. 2019/01/24(木) 04:55:00_
  2. その他の外国人監督作品
  3. _ comment:4
SEVENTH SON  (セブンス・サン 魔使いの弟子)  2014年・アメリカ/イギリス/カナダ/中国



セブンスサン




 
.


2019年1月18日以降  ザ・シネマ

監督  セルゲイ・ボドロフ
主演  ベン・バーンズ 

感想
この映画、魔法使いではなく、魔使いです(笑)。
笑っちゃいけない、そういう小説のシリーズがあるらしいです。

で、日本未公開です。
見て分かりました、そうですね、これを公開してもねぇ・・・(笑)。
今度は笑って良いです、どこかで見た描写ばっかりで。
あれこれ、こんな私でさえ「見たことあるなあ」って思う事ばっかりでしたから(笑)。
といって、子供向けでもないですしね・・・。

セブンス・サンって何だろうって思ったんだけど
単純なことでビックリしました!


内容はこうなると分かる通りで、まあ仕方ないです。
特筆すべきは、二人の若者たちの母親たち二人の愛情と、
昔愛し合った男と女の熱情、ってとこでしょうか?


可もなく不可もなく・・・。

役者について書こう!
ジェフさんは、最近の映画でもずっと年寄りパワー出していたので
まあまあでした・・・うまかったよ☆

ジュリアンさんは、前にもこういう役柄あったけど
断れずに出るのかなあ?
監督に期待したのかなあ?
もちろんうまいし、いうことないし、彼女でなかったら
この役柄がもっと生かされなかったからね、良かったと思います♪


で、主人公、昨年春に見た
「ドリアン・グレイ」の主人公って知って仰天!
こちら → 「ドリアン・グレイ

うまいじゃん、全然違う役柄の両方で生きていて
私が知らないだけでスターさん???
かっこいいし、じょうずだし、嘘くさくなくて良かったです☆

彼女も可愛かったし、下手ではなかった。
あと脇の人たちも皆さん素晴らしかったです。

監督さんも期待できますね、今後が!
・・・と、調べたら70歳だった!
今までも見た作品があった!!!
失礼いたしました~!


そういうわけで平凡な作品だったとは思うけど
私にとっては
今年のファンタジー企画で見て良かった作品になりました♪
参加させて頂き、有難うございました☆





この映画の結末

師匠は去ってゆく。
彼女も消えた、いつかまた会えるという言葉を残して。
主人公には付き人が残った。

いかにも続編のありそうな終わり方。
エンドロールへ。




<<2009年2月6日から満10年です☆ | BLOG TOP | 5-1598  リバティ・バランスを射った男>>

comment

おはようございます

  1. 2019/01/24(木) 09:14:20 |
  2. URL |
  3. 宵乃
  4. [ 編集 ]
聞いたことのないタイトルです。魔使いですか~、パチモン臭しかしない(汗)
miriさんにとってはいいタイミングの鑑賞になったようで良かったです。
あとメニューの方、ご指摘ありがとうございました。教えていただかなければ気付かないままだったかも。さっそく直しておきました。

宵乃さん、こんにちは☆

  1. 2019/01/24(木) 14:12:22 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
コメントを有難うございます☆

> 聞いたことのないタイトルです。魔使いですか~、パチモン臭しかしない(汗)

(笑)。
それがそういうタイトルの小説シリーズがあるらしいんです!

ただ、映画の中身は、宵乃さんのおっしゃる通りの内容で(笑)
お鼻が利きますこと(笑)!!!

> miriさんにとってはいいタイミングの鑑賞になったようで良かったです。

ハイ、私には良かったです☆
12月頃のオンエアでファンタジー企画に良さそうなのが
これしかなかったし・・・満足しています!

> あとメニューの方、ご指摘ありがとうございました。教えていただかなければ気付かないままだったかも。さっそく直しておきました。

あ、お役に立てて良かったです☆
素早い対応、有難うございました!


.

  1. 2019/01/26(土) 21:14:22 |
  2. URL |
  3. take51
  4. [ 編集 ]
こんばんは!
僕は2年前のファンタジー企画でこの映画を見てました!!
miriさんの記事を見ても内容を全く思い出せませんでしたが、
自分の記事を見ても一緒でした・・(^^ゞ

>もちろんうまいし、いうことないし、彼女でなかったら
この役柄がもっと生かされなかったからね、良かったと思います♪

僕もちょっと勿体無い・・、という印象だったようです。
他の女優さんで適任がいたのでは?と書いてますね(^^ゞ

>そういうわけで平凡な作品だったとは思うけど
私にとっては今年のファンタジー企画で見て良かった作品になりました♪

僕もお気楽に見れて良かったようです!
あと自分の記事にデッドプールをファンタジーと思って借りたと
書いてますが、今回デッドプール2を借りたのは内緒です(笑)

take51さん、こんにちは☆

  1. 2019/01/27(日) 10:04:15 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
コメントを有難うございます☆

> 僕は2年前のファンタジー企画でこの映画を見てました!!
> miriさんの記事を見ても内容を全く思い出せませんでしたが、
> 自分の記事を見ても一緒でした・・(^^ゞ

私もコメント書かせて頂いていたのに
すっかり忘れていて、今回最後まできちんと記事を読ませて頂きました!

まあこの作品はすぐに忘れそうな内容なので仕方ないですよ~(笑)
見ている最中は、楽しめるから良いですよね♪

> 僕もちょっと勿体無い・・、という印象だったようです。
> 他の女優さんで適任がいたのでは?と書いてますね(^^ゞ

彼女が好きなので見たというのも理由の一つで、
take51さんへ書かせて頂いていたコメントの通りでした!

> 僕もお気楽に見れて良かったようです!
> あと自分の記事にデッドプールをファンタジーと思って借りたと
> 書いてますが、今回デッドプール2を借りたのは内緒です(笑)

お互い良かったです!

以下、2年前の記事へのコメントをここに書かせて頂きますね☆

>何をどう勘違いしたのか、デッドプールをファンタジーと思って
>借りてたのは内緒です(笑)

あらら・・・(笑)
2年後も同じことを・・・(笑)


>実際、これぞファンタジーという感じで見て良かったです♪

たしかにそういう作品だと思います!

>一般ピープルだった主人公を、

これはちょっと違いますね~
もちろん表面上はそうだったんですが、
彼の中では特殊能力(未来が見える)がずっとあって
本人も自覚していたので。。。

>ジュリアン・ムーアを最初に封印した師匠が
>発掘して育てる訳ですが、真面目に育てて戦える状態に持っていくには
>話がロード・オブ・ザ・リング並の長編大作になるはずです。
>それを110分に納めるという事で話がスーパー早いです。
>これはこれでいいと思いました。見てて気が楽でした!(^.^)
>この辺も「これぞファンタジー」という感じでしょうか?(笑)

そうなんですよ~全く同感です☆
その分ちゃっちーけど、既視感あるけど
ホントに気楽に見られて、ファンタジー企画を楽しめる作品なんですよね♪

>悪魔をジュリアン・ムーアが演じる、というのも僕的には楽しみでした。

はい、私もです!

>シャリーズセロン

彼女も大好きでして、どちらでも適役だったと思います!

>彼女を始め映画に登場する悪役が本当に残忍な悪役に描かれてないのも、
>見てて気が楽でした。

けっこう弱かった?(笑)

>それでも主人公のお母さんが殺されたのに、
>主人公がその辺にあまり触れないのはどうかと思いました。

お母さんは魔女だったんですよね、その力が彼に入っていたわけで、
夢(実際は事実会っている)で、お母さんと話し合ったので
それで良かったように、私は思いました☆

>この映画、思ったよりお金が投じられているような感じで
>敵キャラに大型の怪獣が登場しますが、それが結構リアルで、
>しかも動きもそれなりに自然な状態に仕上がってました。
>(登場時間が短いのはやっぱり製作費の関係でしょうか?)

そうですね、どこかで見た化け物でしたが
そう言われればけっこうリアルでした。
美術監督さんの腕でしょうね?
短いのは、映画の時間そのものが短いからではないでしょうか?(笑)

> 内容:8 点

う~ん、6~7点かなあ???

>※まさか続編があったりしないですよね??(笑)

そういう終わり方でしたね!
小説はシリーズものらしいので、いつかあるかも?(笑)

今日は楽しいお話を有難うございました!

take51さんの記事のお陰で
今年は姿勢が良くなるかも?です!
頑張ります!!!
私も目指しています、20年ぶりの○○㎏!(笑)



.
 
 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2019 02  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -