FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


5-1550  帰ってきたヒトラー

  1. 2018/10/01(月) 23:00:00_
  2. その他の外国人監督作品
  3. _ comment:2

ER IST WIEDER DA  (帰ってきたヒトラー) 2015年・ドイツ



帰ってきたヒトラー





 

.


2018年10月1日(月)  BS朝日

監督  ダーヴィト・ヴネント
主演  オリヴァー・マスッチ

感想
めっちゃ笑った普通のコメデイの部分があって、
最後には怖くなったりして。
本の映画化らしく、ドイツ人の今求めているものを
鋭く描いたような気もします。

自分がドイツ人だったらどう思うかな?
日本ではこの映画は作れないな、独裁者はいなかったし、
戦争始めた人って、曖昧だし、昭和天皇ってことに、またなるし(笑)。

今現在の問題点や
この70年間の問題点を
うまくあぶりだしていたように思います。

映画の最後に言っていた、私は皆の心に住んでいる、共感している。
最初からみんながみんな私を求め選んだのだと
その言葉が、あの「ボス」と呼んでいた黒い服の数人と
重なって、本当にゾッとしました。

拘束衣は可哀想だったけど
自分もさんざん利用したんだし・・・
そうね、テレビ局の問題点もあぶりだしていましたね!

とっても面白く見られました。
吹き替えとカットは悲しかった。





今年から、映画の結末を書きます。
白文字反転で読めます。
(携帯・スマホでは、白文字にならず読めますので、お気を付けください)

「帰ってきたヒトラー」の結末

映画は完成した。
女プロデユーサーが監督になっている。
ザワツキは精神病院で拘束衣。
彼女はそれを見て泣く。

最後は監督と一緒に車に乗ったヒトラー。
周囲の人間がはやしたり、おこったり。
そんな様子で終わり。





<<(2-2079)  太陽はひとりぼっち  (2回目) | BLOG TOP | 2018年9月の映画鑑賞についてのまとめ>>

comment

本の映画化でしたか

  1. 2018/10/30(火) 13:19:24 |
  2. URL |
  3. 宵乃
  4. [ 編集 ]
最近はこういう風刺作品は観てなかった気がします。
ヒトラーに現代の問題を指摘させるなんて、かなり挑戦的な作品ですよね。それが上手く機能しててグイグイ見せてくれました。

>映画の最後に言っていた、私は皆の心に住んでいる、共感している。
>最初からみんながみんな私を求め選んだ

ここはホント怖かったです。ネットで過激な意見などを見ると、たしかにそういうところあるし。

>自分もさんざん利用したんだし・・・

あの主人公さん、ヒトラーが撮影拒否してたら一生懸命説得したんでしょうか…?
利害の一致で一緒にやってた印象なので、さんざん利用したと言ってもお互い様で、やはり理不尽な終わり方だと思いました。

>そうね、テレビ局の問題点もあぶりだしていましたね!

ネットのおかげで誰でも情報発信できる時代になって、それに危機感を覚えたテレビ局も軽率になってきた感じですかね~。役に立つ情報を正確に伝える本来の役割をきちんと果たしてほしいところです。

Re: 本の映画化でしたか

  1. 2018/10/30(火) 19:46:53 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
宵乃さん、こんばんは☆
コメントを有難うございます☆

> 最近はこういう風刺作品は観てなかった気がします。
> ヒトラーに現代の問題を指摘させるなんて、かなり挑戦的な作品ですよね。それが上手く機能しててグイグイ見せてくれました。

はい、見応えはありましたね!
でも度胸あると思います、いくら本が売れても映画化はなかなか・・・。

> ここはホント怖かったです。ネットで過激な意見などを見ると、たしかにそういうところあるし。

誰の心にも残酷さはあると思うのですが
程度が違いますものね・・・怖いです・・・。

> あの主人公さん、ヒトラーが撮影拒否してたら一生懸命説得したんでしょうか…?
> 利害の一致で一緒にやってた印象なので、さんざん利用したと言ってもお互い様で、やはり理不尽な終わり方だと思いました。

はい、可哀想だと思います。
片手落ちですよね・・・。

> ネットのおかげで誰でも情報発信できる時代になって、それに危機感を覚えたテレビ局も軽率になってきた感じですかね~。役に立つ情報を正確に伝える本来の役割をきちんと果たしてほしいところです。

おっしゃる通りです。
今でも高齢者などはネットよりもテレビですものね、
難しいかもしれないけど、多くの人に喜んでもらえる作品を
番組を作ってほしいですね!


.
 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2019 10  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -