FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


5-1541  アンツィオ大作戦

  1. 2018/09/20(木) 23:00:00_
  2. エドワード・ドミトリク
  3. _ comment:0
ANZIO!  (アンツィオ大作戦()  1968年・アメリカ/イタリア/フランス/スペイン



アンツイオ大作戦





 

.


2018年9月20日(木)  シネフィルWOWOW

監督  エドワード・ドミトリク
主演  ロバート・ミッチャム

感想
このくらいで戦争映画はちょうど良いと思いました。
50年前、まだまだリアルに覚えている人が多かった時期でしょう。
あまりにも残酷な作品よりも
もちろんこの映画も残酷ですが
最近作られるこういう映画は度を越しているからね、
それらに比べるとちょっとホッとするというか?

事実の一部を映画化しているようで
アンツイオってどこか分からなかったので地図で調べたら
ローマのすぐそばなんですね、びっくり仰天。
やっぱ有名ではない土地だから、分かんなかった(笑)。

ロバート・ミッチャムさんはあの目とかなのでこういう映画には向かないような
気もしたけど、それを踏まえての配役、
ちょと変わった人物像の軍曹役のピーター・フォークさんとともに
監督さんのナイスな人選でした☆

監督さんね、まあまあ好きな方です・・・
「愛情の花咲く樹」ね、レインツリー(笑)。

そうそう、戦争が終わってもまた次の戦争をする。
人間はそれが好きだから、面白いからと言う台詞。
多分当時もそうだったんでしょうけど
今まさに、本当に「危機」を感じる世相、
聞捨てならないやり取りでした。

大作ではないけど、60年代らしい良い作品でした。

あ、良くなかったのはドイツ人も英語を喋ることで
この映画の場合はアメリカ人と対峙するので
同じ言葉を話すのは絶対にダメだと思うんですが・・・。

そんな感じでした、昔からタイトルだけ知っていたので
見られて良かったです♪





今年から、映画の結末を書きます。
白文字反転で読めます。
(携帯・スマホでは、白文字にならず読めますので、お気を付けください)

「アンツィオ大作戦」の結末

ローマ解放。
あの若い戦士があのボインちゃんを連れて洗車に乗っている。
主人公は壁の絵を問われ、2000年前の絵だという。

コロッセウムの遠景でエンドマーク。




<<(2-1892)  鬼火  (1963年・フランス版)  (2回目) | BLOG TOP | 5-1540  終戦のエンペラー  >>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2019 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31