FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


5-1540  終戦のエンペラー  

  1. 2018/09/19(水) 23:00:00_
  2. その他の外国人監督作品
  3. _ comment:0
EMPEROR  (終戦のエンペラー)  2012年・アメリカ/日本



終戦のエンペラー





 
.


2018年9月19日(水)  シネフィルWOWOW

監督  ピーター・ウェーバー
主演  マシュー・フォックス  (フェラーズ准将)

感想
エンドロールの頃に涙があふれて困りました。
私はその涙が何なのか途中からハッキリと分かったのですが、
そのことが恥ずかしくて・・・。

この10年、映画を見る事を再開して、いろんな反戦系の映画を見ました。
そういうのを見る中で、私の中で昭和天皇は「戦犯」になっていきました。


それも東条英機なんかよりずっと悪い、一番の悪人・・・
そう思うようになっていたんです。


でも、この映画を見て (決して事実ばかりではない事は分かっていますが)
ああ、やはりあの昭和天皇は、私が幼い頃から
物心ついた頃から「この人が日本の天皇」と刷り込まれ
誰に強制されることもなく
好きとか嫌いとかではなく
何となく尊敬する対象なんだろうなと思いつつ
何というか・・・大げさに言えば一種の愛情の対象だったんだと思うんですが

その人を、やはり、そうだったんだ、
幼いころからの自分の想いは正しかったのだ、
私は日本人、昭和生まれの日本人なのだと、反省でもないけど、
(時間的には、昭和よりも平成を長く生きていますが
 やはり若い時を過ごした時期が、個人個人大切なんだと思います)


最近の冷たい映画ではなく、
自分が歩んできた人生的に、
昭和天皇の事を昔のように思えればなあって
思った涙です☆


この映画は映画館で予告編を数回見たのですが
どうせ終戦後のドタバタなんだろうとか
西田敏行と宇宙人ジョーンズの宣伝に「見るもんか」と思ったんですが
今回は良い機会でオンエアを録画して見ました。

日本人俳優は、けっこう納得の配役で
ちょっと?と思ったのが近衛文麿の中村雅俊だけで、
かおりもチョイ役頑張ってました。
火野正平もあんな役柄するようになったんだね、偉くなったね(笑)。

西やんも最後らへんの、妻子にも姪にも先立たれた悲しみを
グッと抑えた演技の中で、私は真実と受け取れました。
宇宙人ジョーンズさんも下手ではなかったです。

主人公の俳優さん、素敵だったし、演技もうまかったです。
実在の人物で、フィクションも多かったようですが
この人はまさに「架け橋」だったんだと思えました。

監督さんは「真珠の耳飾りの少女」の人で
よく知りませんが、実際の映像も取り入れて(長崎を広島となっているけど)
後や下を向く日本人一般人の描き方とか、良かったと思います☆

宮城事件の事は木戸さんの勘違いだったのか?
映画として大げさにしてあったのか?


あと、皇宮警察って何?  
あの態度?
今は全然違うんだろうけど・・・笑えました(笑)。


制作の方の祖父が行政か宮中かしらないけど関係者だったようですね。
そんな人たちももう高齢になっていくんですよね・・・
戦争が終わってもう73年も経ったんですものね。

この映画、見て良かったです。
いろいろな意味で自分の中にある昭和ラブを再確認できて良かったし、
この頃の事にしては見やすい映画になっていて、嫌ではなかったです。

前回と続けてWWⅡ関係の映画のアップになりました。




今年から、映画の結末を書きます。
白文字反転で読めます。
(携帯・スマホでは、白文字にならず読めますので、お気を付けください)

「終戦のエンペラー」の結末

昭和天皇はマッカーサー私邸を訪ね、
国民を助けてほしい、自分に罪があると言う。
マッカーサーは罪の話ではないと言う。

それを隙間から見た主人公は安心する。
通訳と初めて一緒に飲みに行く車の後ろ姿で終わり。

その後のエンドロールで、
各登場人物の「その後」の事実を映す。





<<5-1541  アンツィオ大作戦 | BLOG TOP | 5-1539  スワンの恋>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2019 12  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -