FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


5-1533  ファイブ・イージー・ピーセス

  1. 2018/09/11(火) 23:00:00_
  2. ボブ・ラフェルソン
  3. _ comment:0
FIVE EASY PIECES  (ファイブ・イージー・ピーセス)  1970年・アメリカ



ファイブイージーピーセス







 
.


2018年9月11日(火)  ザ・シネマ

監督  ボブ・ラフェルソン
主演  ジャック・ニコルソン

感想
この映画も昔からタイトルを知っていて見られなかった作品。
70年製作と言うのは、60年代の作品という事。

誰が主人公二人を演じたのか知らなかったのでビックリ、
若いね、二人ともこの頃からうまい、非常にうまい。

しかし、それだけしか評価が出来ない作品。

いくら60年代だからと言って、人を踏みつけにするのはダメ。
この頃だから良い描写とは違う。




以下、内容に触れています。
たいした内容ではありませんが、未見の方はお気を付けください。




友人の人良い家庭と思っていたら警察沙汰、
子供も生まれたのにあの後どうしたのか一切描写もない。

自分がいいとこの出だからと言って、下層の人間を馬鹿にするにも程がある。
消えたきゃ、一人でどこかで死ね!

カレン・ブラックの演ずる彼女はマジウザいけど
人を好きになるってウザい事だし、
その女の気持ちを利用するだけして、
子供が出来たというのに、どうしたのかの描写もなくて。

ラストシーンが良いという人間は、
自分が捨てられる方の立場になってみろというのだ。
財布と車を置いておけば良いのではない。

途中で拾うレズカップルの言っていること
それが言いたいことでもなさそう、
そういうこと言っている奴がいるって感じ?
あの部分だけをゴダールしてた。

兄の彼女に手だして、すがって惨めったらしいのにも関わらず、
姉の情事に切れる、結局ステータス意識バリバリ。

モノ言わぬ父にだけ本音はいて、
親になったこともないくせに、親はずっと愛しているのに
不具になったからって寄って来るなって言うの。

不愉快しかない。
この作品で言いたいことは何だ?
勝手に生きる事が良いとでもいうのか?
アウトローとか?
ニューcinemaとか?
そんなもん、価値なし!





今年から、映画の結末を書きます。
白文字反転で読めます。
(携帯・スマホでは、白文字にならず読めますので、お気を付けください)

「ファイブ・イージー・ピーセス」の結末

実家から戻る途中のドライブインで、主人公は大型トラックに乗せてもらう。
コートもない着の身着のまま。
上着を貸すというが、俺の事はほっといてくれという。

女が主人公を探す。
大型トラックは出てゆく。
そのまま短いエンドロール、終わり。






<<5-1534  さらば青春の光 | BLOG TOP | 5-1532  マクリントック>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2019 09  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -