FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


5-1524  健さん  

  1. 2018/09/01(土) 23:00:00_
  2. その他の日本人監督作品
  3. _ comment:0

健さん  2016年・日本



健さん




 
.


2018年9月1日(土)  日本映画専門チャンネル

監督  日比遊一
主な出演者  マイケル・ダグラス  マーティン・スコセッシ  ジョン・ウー  ポール・シュレイダー
         ヤン・デ・ボン  ユ・オソン  降旗康男  澤島忠  山田洋次  梅宮辰夫  八名信夫
         中野良子  川本三郎  立木義浩

感想
健さんとはもちろんあの人です。
この映画は、健さんをあまり知らない人や
よくよくご存じな方には向かない作品です。


この作品は、私のように、ある程度、あの人の映画を見ていて
自分なりに彼への想いを持っていて、
でも、ファンと言うわけでもなく、
そんなに滅茶苦茶詳しいわけではない・・・
そんな人にはピッタリな作品です。


主な出演者に書いたような、わが国だけではなく
海外の大スターたち・監督さんたちのみならず、

実の妹さん
各種お店やロケ地のホテル等の関係者の方々
映像スタッフの人たち

様々な人たちが、健さんとその人生のどこかで交わった人たちが
それぞれの彼への想いを語るだけ
と言えばそれだけの作品なのですが

それが、なんともまた、耳に心地よく
押しつけがましくなく
自分なりに持っていた健さんのイメージに合ったり合わなかったり
それを楽しめたら、この作品は、良い作品になると思います。

江利チエミさんのことも、ほぼ事実通りに淡々と描いていました。
男女の事ですのであれですが、きっと生涯こころに彼女が居たんだろうな
って思います。

「あなたへ」が好きな私、
任侠映画や降旗作品は、いまいちなんですが
この作品でそれらにもどんな意味があったのか
なんとなく分かったような気持ちになりました。


私がこの映画で一番「健さん素敵」と思ったのは
文字が美しかったことです。
お手紙をもらった人、多いようですが、羨ましいです☆


あと、この映画見て一番思ったのは
「スコセッシ監督さんって、ドキュメント担当者になったの?(笑)」ってことです。
(ヒッチ/トリュフォーにも出ていたからね、好きねえ~って言いたくなりますよ(笑))

実妹さんの語る、お母さんへの想いや
親族とのふれあいなんかは、本当に普通の日本人だったんだなって思えたし、
勲章をもらった時の嬉しそうな記者会見、いつまでも忘れません。


見て良かったです、
健さんを中くらいに知っている人におすすめの作品です♪





今年から、映画の結末を書きます。
白文字反転で読めます。
(携帯・スマホでは、白文字にならず読めますので、お気を付けください)

「健さん」の結末

皆がそれぞれの呼び方で健さんを呼ぶ









<<5-1525 ホンドー  | BLOG TOP | 2018年8月の映画鑑賞についてのまとめ>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2019 10  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -