FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


5-1519  恋は緑の風の中

  1. 2018/08/23(木) 23:00:00_
  2. 家城巳代治
  3. _ comment:0
恋は緑の風の中  1974年・日本




恋は緑の風の中





 



2018年8月23日(木)  日本映画専門チャンネル

監督  家城巳代治
主演  佐藤祐介  原田美枝子

感想
この映画があることは当時から知っていたけど
見る機会がなかったし、ソフトもないので、今回ラッキーでした。

佐藤祐介は別に好きではなかったけど
原田美枝子は早くから好きで、デビュー作らしく、初々しかったです。

そしていつもこの時期に作られた作品に感じる事ですが
風俗、特に女の子のお洋服ですね、あと人々の感じ
家や町の感じ
すっごく懐かしくて、こういう感じ、1970年代中盤、昭和40年代中盤~50年代中盤が
私の一番懐かしい時代だから・・・

しかしこの主人公の役柄のあまちゃんには笑えますね?
中2で両親の前でのあれこれ、今なら小学低学年って感じ???(笑)
まあ当時は皆が(一人っ子の人は特に)そうだったでしょうから仕方ないですよね?

原田の役柄の家庭の方がシンパシー感じました。
うちはお金はあったけど、いろいろと冷たい家庭だったからね・・・
母だけが損していたような感じもあったし・・・。
私も長女で弟の面倒見さされたり、当時は普通の事だったと思うけどね。

ふたりの初恋?の感じは良かったです。
ラストシーンも好きです。
本人たちは高校生だったから、中2では大人っぽ過ぎたけど
その点は上手に演出していました。

友達が一番大事で、友達の為になら何でもしたかった。
その点も誰にでも覚えのある事だと思いました。

片想いのボインちゃん、可哀想だったね・・・
大人に憧れて、自分の気持ちを押し付けるだけに気付いて
恥ずかしかったんだろうなあ・・・。
先では良い人生に待っていてほしいです。

親たちも先生たちもあんな感じでしたね~!
今では考えられないような・・・子供は黙っていうことを聞け的でした(笑)。

しかし水野久美さんは、私的には「気になる嫁さん」の小姑だけど
この映画では色っぽかったです。
ただ一人でそういう役柄を引き受けていたようで頑張っていました。

息子が可愛くて、大事で、
夫に愛されていて、何不自由ないんだけど
初恋の人に似た大学生にこころひかれたり、
ドレッサーで髪をとく仕草だけでも、ドキッとしました。

福田豊土さん、懐かしくて、懐かしくて、
リンゴをかじっても私は歯茎から血は出ません!
上手な俳優さんだったよね~☆

不良たち怖かったです。
当時もああいう噂たてられた子もいました。

まあとにかく、懐かしいというか
「あるある」の多さは、今年見た映画で一番だったように思います。

監督が監督だけに、思ったよりは悪くなかったです。





今年から、映画の結末を書きます。
白文字反転で読めます。
(携帯・スマホでは、白文字にならず読めますので、お気を付けください)

「恋は緑の風の中」の結末

原田の役柄の一家が引っ越すことになった。
皆でアレコレレしたが、無駄だった。
襲った不良たちは見つからないまま。

ふたりで川辺を歩いてゆく・・・終わり。





<<5-1520  ヤンキー・ドゥードゥル・ダンディ | BLOG TOP | 5-1518  ビヨンド・ザ・エッジ 歴史を変えたエベレスト初登頂>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2019 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31