FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


5-1514 この国の空

  1. 2018/08/18(土) 23:00:00_
  2. その他の日本人監督作品
  3. _ comment:0
この国の空  2015年・日本



この国の空




 
.


2018年8月18日(土)  地デジ

監督  荒井晴彦
主演  二階堂ふみ  長谷川博己

感想
それにしてもエロい映画でした。
主人公と隣のおっさんも多少はそう思ったけど
私が思うのは「工藤夕貴」ね、すごいわ、あれは。

戦時中で未亡人、田舎に買い出し、娘と二人
だからって川で体を拭くって・・・
その姿の美しい事、うつくしいこと!
腋毛が生えてて、リアル、きっとヌードモデルさんだったんだろうけど
彼女自身の身体のように思えて
とにかく素敵でした。

二階堂ふみがどういう女優か知りたかったので見たのですが
まあ演技はうまかったような気がしました。
彼女の裸体も綺麗でした(ヌードモデルか?)。

そんな話ばかりではなく、
この映画では庶民が戦争について話す言葉の一つ一つが
とてもリアルで、飾らなくて

特に一番すげえと思ったのが
田舎の買い出しの世話をした人が2度目の出征が決まって
そのことを気の毒がると

「そのうち、内地総玉砕で、前線も銃後もなくなりますから」って

凄いと思いませんか?

結局誰もが自分をも他人をも大切にしなかった時期だったんだね。
っていうか、それしか教えられなかったんだから仕方ないんだけど、
私には前線も銃後も同じって、ものすごい発言だと思ったのです。

ラストシーンの「里子はこれから私の戦争がはじまると思った」
という字幕ね、意味あるの???
結局、反戦ではなく、エロ映画???

荒井晴彦ってテレビドラマの脚本家だよね?
随分いろいろと見たような気がするけど
映画でこれでは、浅いわ(笑)。
・・・まさか二階堂ふみのために? 売り出し映画?
それでも広瀬すずのようにうまければ良いんだけど
別に普通くらいだったしなあ・・・。

ま、とにかく、工藤夕貴の映画でした。

いや違うな、富田靖子もすごかったわ、あの役柄を見ると
食べる事だけが大事なんだと分かるし、
焼け出される事、夫も息子も待っても帰ってこないから
死体がなくても死んだことにする、ってその辛さ、
工藤・二階堂母子には分からんと思うよ!

お空の父上お空の兄上、そう歌えるのは
病死したから・・・そう思うよ。
そうそう、母親なのに娘の不倫を見逃すというか
勧めるというか、もう信じられない時代だよね
その男しかいないからって・・・でも、きっとそうだったんだろう。
そういう意味でも工藤夕貴の映画。

あと長谷川博己の役柄が
死にたくないってみっともないこと言うのが
すごく・・・そうね、うまく言えないけど
そうだったんだろうと、女に吐き出すのが、心情、
なんとなくわかる感じで。

この映画は「この世界の片隅に」と裏表かもしれないけど
どっちも「生」を描いている作品だけど
こっちは「性」もあってね(笑)。





今年から、映画の結末を書きます。
白文字反転で読めます。
(携帯・スマホでは、白文字にならず読めますので、お気を付けください)

「この国の空」の結末

明日、戦争が終わると教えに来た男を雨の中見送る。
母親がそうしろと言ったのだ。
男は妻子が帰ってくると言う。
そして里子は、これから私の戦争がはじまると思ったと字幕が出る。

エンドロールへ。




<<5-1515  アゲイン  28年目の甲子園 | BLOG TOP | 文庫本の金田一耕助(一部は由利麟太郎(と三津木俊助))シリーズを(表紙以外)捨てる事にしました。 >>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2019 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31