FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


5-1506  ミッション

  1. 2018/07/20(金) 23:00:00_
  2. ローランド・ジョフィ
  3. _ comment:0
THE MISSION  (ミッション)  1986年・イギリス



ミッション




 

.


2018年7月20日(金)  BS3  

監督  ローランド・ジョフィ
主演  ジェレミー・アイアンズ  ロバート・デ・ニーロ  

感想
最近、いくつかの映画でお目にかかったジェレミーさん、お若い時の作品です。
デ・ニーロさんが名前大きいけど、やっぱ2番手でしょう。

この映画はタイトルだけは知っていたのですが
内容も何も知らないまま見ました☆
非常に感激しました。

鑑賞後に事実との違いとかを調べました。
結局、映画としてとても作りが良いのだろうなあと思いました。
この監督さんは「宮廷料理人 ヴァテール」しか見ていないので
あの画面暗かった映画では何とも判断できなかったので
正直、仰天しました。

特に最終盤のミサを守り、子供たちと一緒に歩く
ガブリエルさんの姿には、世界中のどこでもいつでも(今でも)あった(ある)
宗教がらみの虐殺やらなんやらを思い起こさせ、
静かな歩みの背に重いものすべてが見えたんですよね・・・
感銘を受けました。

デ・ニーロさんの役柄は、ありがちだけど良かったです☆
あまり派手にやらず最後もあんなに惨めな・・・せっかく仕掛けたのに
それがガブリエルさん同様、幾多の(キリスト教に限らず)布教してきた人たちを
のせていると思ったのです。

現地人の役柄の皆さん、実際のあの場所にお住まいだったんでしょうか?
スペイン・ポルトガルの植民地での話なのに英語だったので
彼らの言葉が本当に現地の言葉かは分かりませんでした。

慕っていた子供を、村に帰るように命令したロドリゴ・・・
きっと最後に船に乗って行った数人の子供たちの中に彼がいて
その子孫が、マジに彼だったのかもしれないと
そこも感銘を受けました。

そうそう、あの二人以外の神父さんたちにもこころが動きました。
誰も好きでやることではない、神のみ心がどこにあるのか
分からないからこそ、原爆は落ちたのだし・・・
そこに通じます。
結局私は遠藤周作から一歩も踏み出せていないんだろうなあなんて思いました。

音楽が非常に良かった、モリコーネさんね、最近も何かで見ました。
音楽が国境を越え、こころを伝える事は、ガブリエルさんだけではないんですよね・・・。

一つだけ疑問だったのは、あんなことしていたロドリゴを
皆が許した(わりと早く?)理由ですが、きっとあの子の
目の中に答えがあったのでしょうね?

同じように子どもを見ても、拒否感しか感じなかった枢機卿
それでも自分で気づいただけマシか?
総督たちは人間じゃないって感じで、でもありがちかな?

エンドロールの最後のあの目は何だ?
「何が悪い? お前ならどうした?」って言いたかったのかな?
いやらしい俳優さんで、ピッタリでした。





今年から、映画の結末を書きます。
白文字反転で読めます。
(携帯・スマホでは、白文字にならず読めますので、お気を付けください)

「ミッション」の結末

村は焼かれ、ほぼ全滅。
数人の子供だけが船に乗って逃げた?ジャングルへ?
(バイオリン持って行った女の子がいました)
その舟をバックに字幕(今も南米では戦いがあるという意味)で終わり。

ただし、エンドロールの最後に
あの枢機卿のいやらしい爺さんがこっちを見てじっと見て
それが全部の終わり。




<<5-1507  わが青春のイレブン | BLOG TOP | 5-1505  白鯨との闘い>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2019 09  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -