FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


5-1501  ソイレント・グリーン

  1. 2018/07/14(土) 23:00:00_
  2. リチャード・フライシャー
  3. _ comment:0
SOYLENT GREEN  (ソイレント・グリーン)  1973年・アメリカ



ソイレント・グリーン





 
.


2018年7月14日(土)  BS3

監督  リチャード・フライシャー
主演  チャールトン・ヘストン

感想
近未来って好きではないんですが、よくよく考えると
大昔から安心して見られる、ただ一人の近未来監督
“リチャード・フライシャー”さん!

あれもこれも(ドリトル先生やミクロの決死圏のこと)
中学生だった自分も、おばさんになった自分も、
安心して見られたのでした(笑)。

あとエドワード・G・ロビンソンさんね、ご遺作らしいけど
長年お疲れさまって感じで、良い俳優人生だったように思います☆

で、その役柄「ソル」が♪田園♪やら聞いて、美しい自然の風景見て
うっとりしているのが、なんとまあ今現在の自分自身が
♪名曲アルバム♪聞いて、嫌な事も忘れるように頑張れる感じと同じで
ものすごく納得したし、私は「そうやって死にたい」と思いました☆

2022年かあ、あと4年ね・・・
この描写を笑いたい奴は笑えよと思います。
1973年当時、ここまで描けたのは、ものすごい事だと思いました。

いつ、あんなふうになるかわからんでしょ?
今のこの地球ダメにする作戦やっている人間が、目覚めない限り。

家具ね・・・
あと本も・・・

哀しいわね・・・でもモテるんだなあ、ヘストンさん、
いやペニーさんと呼びたい(笑)。

とにかく、良かったです。

あ、そうそう、あのキモの件だけど
たしか「クラウドアトラス」か何か・・・そういう映画で見たように思います。

この映画を馬鹿にするなよ、後世のアレコレにきっと反映されている。
今現在のキレイ過ぎる近未来よりも、こうして汚い人間のうずまく世界を描いて
ホントに良かったです☆





今年から、映画の結末を書きます。
白文字反転で読めます。
(携帯・スマホでは、白文字にならず読めますので、お気を付けください)

「ソイレント・グリーン」の結末

その正体は、人間だった!
ホームで安楽死した人間の身体を原料として
ソイレント・グリーンは出来ていたのだ!

ソルはそれを知り、自ら、ホームへ。
主人公に伝える事が出来た。
主人公はその証拠をつかみ、追われる。
教会に逃げ込み、撃ち合いになりやっと警察官が来て助かった。

主人公が大きな声でソイレント・グリーンの正体を叫ぶ。
そしてエンドマーク。

エンドロールは、例の名曲アルバムの世界。





<<5-1502  手紙は憶えている | BLOG TOP | 5-1500  抵抗(レジスタンス) -死刑囚の手記より- >>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2019 06  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -