FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


5-1500  抵抗(レジスタンス) -死刑囚の手記より- 

  1. 2018/07/13(金) 23:00:00_
  2. ロベール・ブレッソン
  3. _ comment:0
UN CONDAMNE A MORT S'EST ECHAPPE OU LE VENT SOUFFLE OU IL VEUT
抵抗(レジスタンス) -死刑囚の手記より-  1956年・フランス



抵抗





 
.


2018年7月13日(金)  ザ・シネマ

監督  ロベール・ブレッソン
原作  アンドレ・ドゥヴィニ
主演  フランソワ・ルテリエ

感想
まあこの監督さんだし、こういう作風になると思ったけど
あまりにもリアル過ぎて
これが第二次世界大戦中という、大昔なのだという事をちょっと忘れてしまって
なんというちゃっちー刑務所で、緩すぎるでしょ?って思うんだけど
ハッと気づいたら、戦時中で何もない中、

もちろん、独房自体の作りも雑でアレだけど
生き死にがかかっているんだから
昨今のキレイ過ぎる脱獄モノとは違うんだよね?


しかし知識もだけど、
工作というか、モノ作りのできる人でないと
できないよね?


あの16歳、一瞬スパイかと思うよね?
あの子が居なかったらできなかったこと、できえなかったこと
しかしあの後、もっと厳しくなって皆困ったかな?

見張りの殺し方」とその持ち物を映すところとかすごかったよね!
でも死刑っていっても、いわゆる戦犯?だから、
普通の死刑囚と同じように思って見てはいけないよね。


先月録画ミスして泣くに泣けなかった作品、
再放送があって良かったです。


でもまあ☆とは思えない・・・
もっと素直にならないといけないのかもしれないけど
やっぱりこういう作品は、平和ボケの日本人には・・・でした。





今年から、映画の結末を書きます。
白文字反転で読めます。
(携帯・スマホでは、白文字にならず読めますので、お気を付けください)

「抵抗」の結末

事実通りで脱獄成功。
16歳の子と一緒に歩いてゆく後ろ姿で終わり。




<<5-1501  ソイレント・グリーン | BLOG TOP | 5-1499  テレフォン>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2019 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31