FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


もうすぐ10年ということで・・・  その3:一番感謝している作品について

  1. 2018/11/15(木) 04:55:00_
  2. 2019年に向けて
  3. _ comment:0
来年の3月中旬のある日に、
私が映画鑑賞を再開してから満10年を迎えます☆

(来年の2月はじめに、
 このブログをスタートさせて満10年を迎えます)

自分としてはけっこうなお祝い?的な気持ちですので
これからポツポツと
この10年間に見た(再見も含めて)映画について
書かせて頂こうと思います。


本日は私が一番感謝している作品について書きます。
その作品名は「ウィンブルドン」です。




 
.


映画を見る事を再開した、2009年にBS2でオンエアされた作品です。
録画して持っているのに、どうしてもほしくてDVDを買ってしまいました。

初見時の記事は  →  こちらです   



特に出来が良いわけではなく、
テニスというスポーツをお好きな方から見たら立腹系の
この作品に惹かれるのは、



私はテニスというスポーツをよく知らないから
その点は全く気にならなかった事と
映画に求める「好きな要素」がいっぱい入っているからだと思います。

そしてこの気楽な?恋愛映画のような作品は、
私が生活の中で嫌な事があった時や、
変な映画を見てムカついた時などに素晴らしい効力を発揮します。

こころが、癒される感じ?なんです。
理屈ではなく、嫌な事とか忘れさせてくれるんです・・・。
そして、意気込みではなく、爽やかに立ち直れる・・・のです。

そういう映画が、きっとどなた様にもあるように
私にとってはこの作品、感謝の作品です☆



ウインブルドン



※以下、何回目かに見た時の感想の一部です

私が何故この映画を好きなのか、考えながら見ました。
内容はほぼ全部覚えていたし、同じ場所で涙も笑いも浮かぶ、
そんな私にとって本当に特別な映画です。
(生涯ベスト10には入りません、そういう意味ではない、特別な一本だからです)

この映画は、恋愛だけではなく、親子の愛、熟年夫婦の愛、兄弟の愛、
友情、ホテルマン達の温かさ、仕事をする人の色々(エージェントの人)、
など、色々な形の人間同士の、温かい関係が描かれ、

また、私の好きな星空の事、急に降る雨、抜けるような青空、
など、天体・天候も、よく描かれています。

そして単純に、あの二人が、好きなんだと思います。
俳優ではなく、役柄のふたりが・・・。

そして思いました。
スポーツに詳しいヒトや、苦しい恋愛をしているヒト、家庭が崩壊しているヒトなどの中には、
この映画のそれらの描写を「キレイごとだからダメだ・嫌いだ」と、
そう思うヒトがいるのかもしれない・・・と。

私から見て良い描写が、
別の人から見ると、キレイごとになるのかもしれない・・・

そう思ったら、これから先、嫌な映画を見ても、
結局は、自分の受け止め方なのだから、
どんな受け止め方も、自分の感じる事を大切にしようと思いました。

これからも、辛い想いをする映画を見てしまった時には、
「ウィンブルドン」を見て、こころを洗いたいと思いました。
そう決心しました♪






<<アラン・ドロン ラストメッセージ~映画 人生 孤独~ | BLOG TOP | 映画を題材にした映画ベスト10 ~深くは考えられませんでした~>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2019 09  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -